官能小説!(PC版)

トップページ >> 輪廻の一覧

輪廻の投稿された作品が81件見つかりました。

 
  • the angel make love END

    コーヒーカップの中心にはハンドルが付いており、子どもの言った通り回すと、花子の座るコーヒーカップの前に辿り着いた。花子は布切れ一枚の姿からは一変し、花柄のワンピースに、お揃いの花飾りを髪に付けていた。「………へぇ…変わるもんだな」「惚れ直しました……?なんて…」「…ああ」「…なっ……。…それで…どうなったんですか…。…行き先」「なぁ…ちょっとここ、ぶらつこうぜ」貴斗は花子のコーヒーカップに乗り換え
    輪廻 [1,582]
  • the angel make love 9

    儀式は日没までに行わなければならず、容赦ないタイムリミットが、二人の時間を終わらせた。白麗館の外に、儀式用の広場があった。既に何組もの案内人と死者が儀式を始めていた。「この首輪を…」首輪と言っても、たすき掛けできるほど長い装飾品で、花子は貴斗と向かい合って、自分と貴斗の首に引っ掛けた。「…行きます」「ああ」しばらく小さく何かを呟いていた花子は、貴斗の両手をとった。次の瞬間、貴斗は遊園地のコーヒーカ
    輪廻 [1,533]
  • the angel make love 8

    翌朝。朝露が木々を濡らし、雲間からは太陽が降り注いでいた。小鳥は木々に留まり、朝日に囀ずっていた。「……………………」「……………」「……………」「…………………」「…………」「………ぃや…」「…………………どけよ…」「……………!!やだ………!」「…………終わっただろ………賭けは……」「……………………………行かないで…」「……………………どけよ………」「…………………………一人に…しないで……
    輪廻 [1,539]
  • the angel make love 7

    泣き疲れて二時間ほど眠った後、花子は起きた。貴斗は虚ろな目で、花子を見ていた。「貴斗さん…ごめんなさい……。取り乱しました…」「…っせぇーなぁ、寝てろよ」「マウリを淹れますね…」「花子……」「なんですか?」「お前が初めてだわ、俺の前であんな号泣した女」「…そ、…そうですか…はい、どうぞ」「…お前、案外かわいいとこあるんだな」「…ぁ、ありがとうございます」貴斗の向かいの席に座り、花子も外を眺めた。「
    輪廻 [1,416]
  • the angel make love 6

    「私の話…?」「ああ……生前の名前が花子…だろ。今は……アレイアだったか…くくッ…」「わ、笑わないで下さい!はい…花子…でした。あまり……良い思い出ではありませんが…」花子は苦笑いしながら、俯いた。「話したくないなら……別に構わねェ」「いえ、大丈夫です…。私は…あなたの真逆の人間でした。誰にでも笑顔で、愛想を振り撒いていました」「意外だな、ブリッコしてたってわけか?」花子は自嘲気味に笑った。「…い
    輪廻 [1,533]
  • the angel make love 5

    「よォ」「!ぅわぁあ!!」翌朝花子が目覚めると、貴斗は目の前で覗き込んでいた。「?……!…な、何ですか…!?」「雨、降ってんぞ、どんより曇り空でな」貴斗はくいっと親指で窓を指した。「は…い……知ってましたよ…」「あと二日だな」「まぁ…太陽がなければ儀式はできませんからね」貴斗は舌打ちして、窓際の椅子に乱暴に腰掛けた。花子はコーヒーメーカーの様なものから、透明な液体を、透明なカップに注いだ。「はい…
    輪廻 [1,603]
  • the angel make love 4

    「……はぁ…。や…やです……!!やめて…!!」貴斗は、涙を浮かべて嫌がる花子に、虚ろな目を向けた。「…っ……はぁ…やってらんねーよ。とっとと決めさせろ」花子は乱れた髪を直し、答えた。「もう一度太陽が昇らなければ…できません。そういう儀式の条件なんです…」「天界にも、雨は降るのか?」「…ええ…降ります。ですから雨や曇りで太陽が出ない日は、儀式もできません」貴斗は花子に向き直り、再び彼女には抗えない力
    輪廻 [2,334]
  • the angel make love 3

    目的地に辿り着いた頃には、天は薄暗い闇に染まっていた。「こちらが…今日泊まって頂くお宿…白麗館(ハクレイカン)です」真っ白な、レンガのような素材の壁に、提灯がぶら下げてあり、なんとも奇妙だった。しかし建物は見るからに美しく、壮麗だった。いつの間にか、花子も提灯を持っていた。「さ…どうぞ」花子は入り口まで貴斗を引き連れ、引き返した。「私には分不相応なお宿ですから、ここでお別れです。また明日…」「あぁ
    輪廻 [1,113]
  • the angel make love 2

    「いや、死んだんだろ?んじゃここは天国か地獄なんじゃねーのか?何にせよ、今日までのつまんねー人生ともこれでオサラバってワケだ。最高だな」「あ…あの〜、正常学園二年B組出席番号30番の皆島貴斗さんでいいんですよね?」「……姉ちゃん、どっかで会ったか?」「ち、違いますっ!!あなたは死んだんですよ!生前のあなたの事くらい全部把握してありますから!!」「…ふぅん。あ〜、あんた名前は?」「私はあなたの天界案
    輪廻 [1,081]
  • the angel make love 1

    ―ああ〜、つまんね…。―人々がごった返す街中で、学生服を着た男は、不機嫌そうに空を見上げていた。―ダルい試験に…かったりィ部活に……ウザってェクラスの連中に…弱ェくせに、ナメた態度とりやがる、面倒な野郎ども……―「…み、きみ、きみ!!」「…ぁぁあああ!!!」周りの叫び声やクラクションの音が耳に入ってこないほど、男は自分の世界に没頭していた。だから、赤信号の交差点に自らが踏み出していることも、気付か
    輪廻 [1,151]
 

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス