官能小説!(PC版)

トップページ >> 里緒菜の一覧

里緒菜の投稿された作品が105件見つかりました。

 
  • 新妻 寝とられ京子4

    京子は一人になると情緒不安定になり日常では考えもしないSだとかMだとか…それが駒田の存在に京子がドMだと…いえ、そんな大それた事を…ただ京子は耕平の淡白なセックスに…耕平は例えば喘ぎ声が大きかったり露骨に感じたりするとちょっと萎える所があって……京子は耕平に言えずに耕平の好きな淑女なHを耕平の前では装おっていた京子はそんな事を考えながら無意識に片付けなきゃ隠匿しなきゃと焼け焦げた壁を指で擦る…勿論
    里緒菜 [5,558]
  • 新妻 寝とられ京子3

    耕平が寝ると駒田は『奥さん、お風呂の用意をしてくれますか』と言いながら京子の耳元で『一緒に入って下さいね』と口調は優しく命じました京子は『後で行きますから…』と駒田を先に浴室に入れると、耕平の部屋に行き小さな声で『…耕平…こ・う・へ・い…』耕平は背を向けてもう寝息を発てていました 京子は洗面所で耕平に気を使いながら服を脱ぎ…あそこを触って…耕平ではあり得なかった愛液の量に興奮していた京子は内腿に
    里緒菜 [5,035]
  • 新妻 寝とられ京子2

    京子は大股開きにされ京子のアソコからジュルルジュルルピチャピチャと音が… 京子は駒田にアソコを舐め回されていましたすると大きな物が京子のアソコに擦り付ける様に…『…あっ…うっ…んんん…』京子の膣壁を押し開く様にグイグイと奥へ奥へと侵入してきました 駒田は『気付きましたか…大丈夫ですよ…奥さん大変でしたね…大火事になる所でしたよ…料理中に何をしていたんですか?』『…寝てしまって…』駒田は『嘘はいけま
    里緒菜 [6,462]
  • 新妻 寝とられ京子

    新妻の澤田京子は大人のクリームシチューを作りながら電話で『耕平、今日は大人のシチューよ。早く帰って来て』と言って電話を切ると大人のシチューは中に入れるワインが決めてよねと高級ワインのコルクを抜いた京子の家では大人の…は夫婦のHをする日の合図に決めていて京子は鍋を火に掛けながらどのランジェリーにしょうかしら?と思いながら残ったワインを勿体無いとワインを飲みながら久しぶりのHに夜のHを膨らませていたそ
    里緒菜 [6,075]
  • 緊縛先生6

    翌日の放課後、優衣が音楽室に行くと吹奏楽部の部長が『今日は夏子先生用事で不在なので先生からパート練習した後で全体練習して自主練習をする様にと言う事です』優衣は夏子先生に見られるかもと見られても良い可愛い下着を着けて来たのに…と練習に身が入らなかった その頃、夏子は聡と部屋に居ました 夏子はソファーに座り足を大きく開脚させて聡に見せていた 聡はゴクッと喉を鳴らしストッキング越しにアソコを撫でるとス
    里緒菜 [5,434]
  • 緊縛先生5

    優衣は熟練のキスを堪能していた、瞳を潤ませ頬を紅く染め柔らかな唇から粘っこい糸を引きまるで糸の切れた操り人形の様に手足を垂らしていた 聡は気付かれない様に優衣のパンティーを押し入れに引き入れ顔に押し当てた押し入れの中で暗くてパンティーがどれくらいシミになっているのかわからなかったが聡は優衣の匂いに満足していました 夏子は優衣の足を押し開き細長い指を挿入しながら掬い上げ『もうこんなにグッショリ濡れて
    里緒菜 [4,520]
  • 緊縛先生4

    夏子は優衣の胸に当てた手で揉みながら『ところで優衣ちゃんは練習もしないで彼氏でもいるの?』と意地悪に聞きました優衣は『練習をしてます彼氏なんていません』と否定しましたが、夏子は『嘘、処女じゃないんでしょ?』『エッ!!』優衣は夏子先生の口からそんな事を聞かれるなんて…と耳を疑い黙ってしまいます『何でもないわ…私が調べれば直ぐにわかる事だから…』 『先生…酷い…コンクールと関係がない…んっ?んん?!』
    里緒菜 [4,835]
  • 緊縛先生3

    夏子が優衣の起って尖った乳首を弄りながら指を出し入れさせると優衣はクチュクチュと音を響かせ夏子は『まぁ!!優衣さん…なんていやらしい娘…校内でなんて…』優衣は『だって…先生が…触るから…』夏子は『先生が悪いの?』と優衣を責めながら攻めました優衣は首を横に振りながら『ごめんなさい…』と瞳を潤わせ吐息を洩らします夏子は聡のお願いからだったけど優衣の若い肉体に嫉妬し楽しんでいてある事を閃きました『敏感な
    里緒菜 [4,752]
  • 緊縛先生2

    夏子が音楽室の準備室で次の授業の準備をしている時でした 聡君が来て『先生、いやYさん(夏子のハンドルネーム)再開したんですね『えっ!!』夏子は耳を疑い驚愕して血の気が全身から引き言葉が出なかった聡は『今も縄が食い込んでるのかな?』と夏子に手を伸ばし、夏子は聡の手を払い退け『授業だから…放課後に来てと逃げる様に準備室を出ました夏子は授業中も『どうして…どうして…わかったの…』と頭を駆け回り『はい、視
    里緒菜 [5,497]
  • 緊縛先生

    既婚で音楽教師をしていた夏子は家庭では夫とセックスレスで仮面夫婦でしたそして夏子にはもう一つの秘密が…それは過去に学生時代に元彼から調教されていて結婚して自然消滅していたのですが…夏子の携帯のサブアドレスに一通のメールが届きました そのメールは当時、元彼に教えて貰って利用していた個人が運営しているSM系のサイトで元彼に指示され夏子が開設して放置していたもので…メールの相手は当時、私の書き込みによく
    里緒菜 [4,828]
 

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス