官能小説!(PC版)

トップページ >> ぺぺんたの一覧

ぺぺんたの投稿された作品が138件見つかりました。

 
  • 妄想カテゴリー 14

    夏休みが始まり、共同生活一週間目にみた夢がそれだった ドキドキしっぱなしで頭がおかしいのかも…と思う一週間ずっと、楽しいながらも妙な緊張感で過ごしていたからストレスなのかもしょっちゅう頭を撫でられたり頬をつつかれたりするし、慣れてないんだそ、そうだ、それだけだ 「どした?熱?」「違…」「熱は…ん?多少熱いか?」李人の手のひらが額に押し付けられた途端にカアッと熱くなる心臓の音が響き出すソワソワドキド
    ぺぺんた [1,600]
  • 妄想カテゴリー 13

    『ヒロ、おいで』李人が僕に向かって手招きしている 『なに?』近づくと手首を掴まれて、引き寄せられた 『うわっと…な、何?』『いや、なんか…可愛いと思ってさ』顔が近づく 見れば見るほど整った顔立ちをしている いつも面白そうに煌めく茶色い瞳 形よく弓なりな眉…筋の通った鼻梁 よく笑う薄い唇 その唇につい目が引き寄せられる 『可愛くなんか…』『真っ赤だよ』そうなんだろうか? ど、どうしよう『…手を、離し
    ぺぺんた [1,541]
  • 妄想カテゴリー 12

    「え、と…そんな沢山のやりたいことやっただけ、偉いと思うよ…その、僕なんか自分に出来ることに制限かけちゃったりするから」李人は僕を伺いプッと吹き出した 「慰めてんの?お前ってなんか可愛いな」かっ 可愛い?? いやいやいやいや、言われたことないし! 「…なーに真っ赤になってんだよ!可愛いやつだなあーもー」「可愛いくなんかないっ!なに言ってんの」うわあ、恥ずかしさのあまり確かに顔が熱いきっと真っ赤だ
    ぺぺんた [1,258]
  • 妄想カテゴリー 11

    なんつーか… 僕らが勝手に思い込んでいた「松前」という存在は知れば知るほど違っていた松前だけじゃないのかもしれない 変に垣根を作っていたのは僕らの方だったんだろうか風呂場に案内して、一人でフィギアに囲まれながらそんなことを考えていた「風呂サンキューな」派手なイラスト入りのTシャツに短パンとゆー姿で松前…李人が帰ってきた頭にタオルを巻いている「なんかリラックスしちゃってごめんね、俺図々しいからさww
    ぺぺんた [1,301]
  • 妄想カテゴリー 10

    彼が辛うじて解るエヴァンゲリオンやガンダムのフィギアをひとしきり説明させられたあと、ふっと沈黙の間が落ちて…彼が僕をじっと見つめた な、なんだ? 「相田」「なに?」なんだ、なんだ、ドキドキするじゃないか! 「今日から敬語禁止ね」「え…」「だってオカシイだろー、俺たち同級生なのにさ…あ、あとあとあと!仲良くなったんだから名前で呼ぼうな!」「な、名前で?」そ、そ、そんな!僕に何を望んでるんだあ!「うん
    ぺぺんた [1,360]
  • 妄想カテゴリー 9

    お茶やらお菓子やらに多少手をつけて一息入れると…松前殿がとうとう僕が恐れていた一言を発した 「お前の部屋行こうよ」「えっ、あー…はあ…」仕方ない 寝るのは同じ部屋になるんだから遅かれ早かれ行かなきゃいけない ノロノロと階段を上がり、覚悟してエイッとドアを開けた… 「うわああっ、なにこれ、すっげーじゃん!」そこには僕が地道に買い続けたフィギアで溢れていたアニメから飛び出した様に見える活き活きとした彼
    ぺぺんた [1,127]
  • 妄想カテゴリー 8

    暑いからエアコン入れて、麦茶だして、とかパタパタ動いてる僕の側を松前殿がやたらチョロチョロする「うおー、リビング綺麗じゃん」とか 「相田って一人っ子?」とか他愛ないんで、僕は「はあ」とか「うん」とか言いながら動いてる と、急に立ちはだかった松前殿にドスンとぶつかった丁度胸の辺りに鼻を打った「いてっ!もう!なんでそんなチョコマカしてんすか…じっとしてテレビでも見てたらいーのに!!」思わず悪態をついて
    ぺぺんた [1,127]
  • 妄想カテゴリー 7

    小さい子にするみたいに頭をポムポムされて、ちょっと照れた あんまし人と触れあったりしないしね、僕は しかし…今から憂鬱でもある…母親は「そういう事情なら別にいいけど基本的にはアンタが面倒みるんだからね」とかペットみたいなこと言ってるし けど… 横目で松前殿を見てると本当に嬉しそうだから ま、いっか…と自分を納得させるしかないわけだ で 問題の夏休みはすぐやってきた 「今日からしばらくよろしくな」教
    ぺぺんた [938]
  • 妄想カテゴリー 6

    …友達…君と僕はいつ友達になったのでせうか 「母さんがさ、俺がしょっちゅうつるんでる友達はだめだって言うんだよ、俺とどっこいタチが悪いってさあ…ムカつくよな」…は、ええ、まあ… 「で、俺んちから一番近くて真面目そうなのが相田くん、いや、相田だったわけ…居候つっても食うもんとかは自費でやるし、礼もする!!つまり夜に母親がお前んちに電話するからそれに俺が出ればいいって…あの…まあ、そーゆーわけ」ようや
    ぺぺんた [910]
  • 妄想カテゴリー 5

    「相田くん…えーと、呼び捨てしてもいい?」…律儀な方だ ウサギを狩るにも全力タイプなのだろう「どーぞ」晴天のした、これほど僕は度肝をぬく光景を見たことがない 返事をした瞬間、目の前の松前殿が消えたのだ いや、トリックとかそーゆーのじゃなく…むしろ僕は本当に彼が消えた方が驚かなかっただろう正確には彼は消えたのではなく…なんと土下座していたのだ …え …こ、これは… どんな罰ゲームですか唖然としている
    ぺぺんた [946]
 

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス