官能小説!(PC版)

トップページ >> レズの一覧

レズの官能小説に含まれる記事が713件見つかりました。

 
  • 貧乳で地味なインテリ眼鏡の女保護司39AV小説

    痩せ型貧乳インテリ眼鏡の地味な女0039AV小説フィクション前科者の阿川香代イメージfella小説N◯K赤木野々花アナ並み85Eカップ菜豆ミドリがおっぱいを持ち焦茶色の尖って勃った乳首をN◯K井田香奈子アナ並み80Aカップ阿川香代の貧乳乳房を持ちコリッコリに勃った桜色の乳首に擦り付け合い乳首同士が感じ捲り益々勃った勃起乳首同士で擦り合いキスするミドリと香代「ミドリさんの乳首が擦れて凄く気持ちいぃぃ
    女板長 [7]
  • 38貧乳陥没乳首インテリ眼鏡の地味な女保護司

    フィクション貧乳陥没貧乳インテリ眼鏡地味女038コミック前科者の阿川香代イメージAV小説 AVの葵つかさ似?の85Eカップおっぱいミドリ「香代ちゃんミドリのオ◯ンコの中に指を3本を入れて激しく滅茶苦茶に乱暴に掻き回して!」元AKB高松絵里= AV橘梨紗の陰毛に似た剛毛に覆われたミドリのオ◯ンコを掻き回して話す貧乳だけどピンク色した綺麗な乳首の阿川香代            「ぐりぐり!ミドリさん◯
    女板長 [3]
  • 異世界レズ 少女と幼女の貝合わせ その9

     その動きはむしろ加速して行き、そこから生じる鋭くて深い愉悦は幼女の意識を吹き飛ばし始めた、絶頂する度に身を仰け反らせ、瞳を白くなるまで剥き上げてビクンビクンと痙攣させた。「はあはあ、はあはあっ。・・・んあああっ!?あひゃあぁぁっ。ああああ、ああああああああーーー・・・・・・っっっ♥♥♥♥♥♥♥♥
    マロン☆マロン [958]
  • 異世界レズ 少女と幼女の貝合わせ その8

    「あっひいぃぃぃぃぃぃっっ!!!?く、来る来る。来ちゃうよ、また何か来ぢゃうよおぉぉぉぉぉぉぉーーーっっっ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪」「あああああああんっ。イ、イクゥゥ。私もイクウゥゥゥゥゥゥゥゥッッッ♥♥♥♥♥」「うっぎゃあああああああああああああああああああああああっっっっっ!!!!!!!!!?」 次々とイキ続けるスミレであったがまるで、そ
    マロン☆マロン [571]
  • 異世界レズ 少女と幼女の貝合わせ その7

    「あっひいいいいいいいいいいっっっひゃあああああああああっっっ!!!!!!?」 直後にスミレが甲高い嬌声を発して悶え、全身をビクビクと痙攣させる。 アーシェの激しい貝合わせテクに一瞬で昇り詰めてしまったのだがしかし、、一方でアーシェは少しも休まずに、震えるスミレの小さな割れ目に自らのアソコを擦り付け続けた。「はあはあはあ、はあはあはあぁぁ・・・っっ!!!!!あ、ああああああっ!?あああああああああ
    マロン☆マロン [509]
  • 異世界レズ 少女と幼女の貝合わせ その6

    「ああああっ!?ひああああっ。ああああんっ。はあはあ・・・っ!!」「オホオォォッ!?フウフウ、ヒャアアア、ハアハア・・・ッ!!」 その度に二人の口からは甲高い嬌声が漏れるがこの時、アーシェもスミレも早くも感じ始めていた、二人の体の相性は良くて体格も動きも合っており、女同士で行う行為のいやらしさに興奮していたのだ。 何より。 媚薬効果のある互いの体液を、最も敏感な性器の粘膜から直接体内に取り込んだた
    マロン☆マロン [553]
  • 異世界レズ 少女と幼女の貝合わせ その5

    「はあぁぁっ!?はあはあっ。あああん、はあはあ・・・っ!!」「フウフウ、アァァッ!?ハウゥゥ、ハアハア・・・ッ!!」 二人はほとんど同時に相手に抱き着くようにして体を左右に揺らし始め、全身を擦り付ける。 体格差はあるものの、器用に体を伸ばし、あるいは捻じ曲げるようにして乳首と乳首を押し当てるがついにはそれでも我慢できなくなって足と足とを交差させ、全開にした股間同士をググッと強く重ね合わせた。「あは
    マロン☆マロン [562]
  • 異世界レズ 少女と幼女の貝合わせ その4

    「はぁー、はぁーっ。はあ、はあ、はあ、はあ、はあっ。・・・あ、あぁぁぁっっ!!!?」「ハアハア、フウゥゥッ。・・・ハアァァァァァ・・・ッッ!!!?」 しかしその内に、おかしいことに気付いた、体が奥から熱くなり、アソコがムズムズと疼き始めたのだ。 要するにエッチな気分になってしまったのだがこの時、二人はまだ気が付いていなかった、互いの体液や分泌物が相手に対する極めて強力な催淫媚薬の効能を秘めているこ
    マロン☆マロン [467]
  • 異世界レズ 少女と幼女の貝合わせ その3

     まだ無垢な童顔の、色白ツルペタボディの持ち主でしかなかったこの幼女は、一方ではそういった事柄についての理解があったし、またその身体能力も同年代の女子は勿論、少し年上の男子にだって負けないほどに高かったのだ。「・・・何をしているの?」「なにって、決まってんじゃん。さっそくバトるのよ、あんたも格闘技、習ってるんでしょ?」 それを見抜いたアーシェは“危害を加える気はない”とか言っていたにも拘らずに瞬時
    マロン☆マロン [537]
  • 異世界レズ 少女と幼女の貝合わせ その2

     ちなみに。 アーシェがスミレの元へとやって来るのはこれが初めてではなかった、今回で五回目なのだが最初の時も動機、状況共に全く同じで当時十歳になったばかりのアーシェは“異世界ってどんな所なのだろう”、“自分の力は通用するのか?”と言う興味を抑えきれずに術を発動、ちょうどお風呂に入ろうとしていたスミレの元へと転がり落ちたのだ。「あ、怪しくないから。たまたまだからっ!!」 突如として現れた不審な人物に
    マロン☆マロン [358]
 
利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス