官能小説!(PC版)

トップページ >> 人妻の一覧

人妻の官能小説に含まれる記事が1936件見つかりました。

 
  • 沙織2

    私は、沙織の気持ちは充分わかるが、沙織が望めば、かまわないから。と言った。沙織は、わかったわ。考えさせて。と言いその日はそれで会話が終わった。それから3日後、沙織が、ねぇ。あなた、この間の話なんだけど、あなたが望むのなら私いいわよ。と言ってきた。私は、そうか。わかった。早速サイトに掲載してみるよ。と私は言った。沙織は、出来ればあなたと同じ境遇の男性つまり、子種ない男性がいいなぁ。あなたと同じ苦しみ
    慎一郎 [57]
  • 沙織1

    ただいま。妻の沙織が言う。私は、お帰り。今日も山本さんと楽しめた? て返す。沙織は、えぇ。とても。今日も山本さんとたくさんセックスしてきたわ。との返答。私は、それはよかった。今度はいつ会う約束したの? と聞くと沙織は、来週水曜日。と答える。私は、そそうか、また来週水曜日楽しんできなよ。と返事する。 私、福田慎一郎37歳、妻沙織32歳、私達夫婦はここ1年、妻沙織を山本さん54歳に抱かせている。
    慎一郎 [77]
  • 同窓会で担任の先生と4

    ラブホでお互いの連絡先を交換して電話登録して、ラブホを後にしてまた、連絡する約束をして、別れました。それからは、何気ない生活を送りつつ、旦那とのセックスも楽しみながらの毎日を過ごしていました。そんなある日の昼間に恭平から連絡が来ました。今、電話大丈夫?と。私は「大丈夫だよ。」と。すると恭平から電話。「優香。明日の昼間時間ある?」と。私は「大丈夫だよ。」と。恭平は、「明日の11時に駅前の噴水で」と。
    優香 [351]
  • 同窓会で担任の先生と3

    ラブホに着くと再びキスをして抱き合いました。先生は、「橘」と言われました。私は「先生、もう私は橘ではないですよ。山中、山中優香です。」と言いました。先生は、「そうか、今は山中なんだね。山中は馴染まないから優香で呼ぶよ。俺も田中先生ではなく、下の名前、恭平で呼んでくれ」。と言われました。私は「わかった。恭平。なんか照れ臭い」と言いました。恭平は、「優香、実は俺な。優香が高校の時のお前に好意を持ってた
    優香 [391]
  • 同窓会で担任の先生と2

    2次会には、クラスの約半分が参加、男子や女子でも、次の日用事等で参加出来ないと渋々帰路に。2次会の会場に着くと一次会で話せなかった男子や女子と話が進み楽しい時間は、あっ。と云う間に過ぎていきました。時間は11時を過ぎ、またクラスの同窓会を計画してな。と色々な意見が飛び交いながら解散となりました。私は1人歩きながら帰ろうとすると、後ろから「橘」と。振り返ると田中先生でした。私は「田中先生どうしたので
    優香 [363]
  • 同窓会で担任の先生と1

    今日は高校のクラスの同窓会。私は優香。26歳になり今回初めてのクラスの同窓会か開催される事になりました。その間に私は2つ上の職場の男性と知り合い結婚退職し、今は専業主婦てす。今日は久々にクラスの面々との再会。当時の思い出に花が咲くと期待して会場に向かいました。会場に着くと懐かしい顔ぶれ。今でも頻繁に会う女友達や高校以来に会うクラスメイト、あちこちから結婚しただの、まだ独り身だの、子供がいるだの、仕
    優香 [394]
  • 妻を他人に11

    夜になり、酒井さんからメールが来ました。麻衣さんと昼間からセックスしまくってます。凄くお互いに激しくセックスしました。と。夜もまだまだセックスしますので。と。私は興奮を覚えました。 いつの間にか私は寝ていました。起きると酒井さんからのメールが2件有りました。中身はなんと、麻衣が酒井さんのフェラしている写メと、麻衣が顔射された写メが送られてきていました。私はその2つの写メを見ながら、オナニーをして
    和也 [830]
  • 妻を他人に10

    そして金曜日の夜に麻衣が、和也、明日友達の理美と会ってくるわ。と言ってきた。高校時代の友人と会うらしい。勿論麻衣の嘘である。明日は酒井さんと会う日なのだ。事前に酒井さんから連絡があり、土曜日麻衣さんと会います。和也さんさえよければ、土曜日は私の家で麻衣さんと二人で一晩過ごしたい。と。私は、勿論いいですよ。と酒井さんに言いました。そして、土曜日の朝から麻衣は化粧を整え、膝下20センチ位のミニスカ姿の
    和也 [723]
  • 妻を他人に9

    帰る車の中で酒井さんが、麻衣さんとは今日で終わるけど、凄く思い出に残る女性になりましたよ。本当にありがとう。と酒井さんは言ったそうです。そしたら麻衣は、また、私と会ってもらえませんか?会って欲しいわ。お願い。と酒井さんに言ったそうです。私は、思わず、麻衣が?自分から言ったのですか?と酒井さんに聞き直しました。酒井さんも最初は耳を疑ったそうで、麻衣さん、本当にそう思ってるの? と聞いたそうです。そ
    和也 [556]
  • 妻を他人に8

    酒井さんも、負けずに舌を麻衣に絡ませながら、激しくキスをしたと。それからは、麻衣のピンクのワンピースを脱がせ、黒の下着を脱がせて、麻衣の二人きり身体を愛撫して舐め回したと。麻衣のアソ\コを舐めると身体か敏感に反応して、脈打つような感じてのげぞっていたと。アソ\コが次第に濡れて、よがる麻衣を見たら、麻衣の顔に酒井さんのアソ\コを見せつけたと。麻衣は最初は顔を反らしたけど、酒井さんが麻衣の右手を酒井さ
    和也 [544]
 

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス