官能小説!(PC版)

トップページ >> 人妻の一覧

人妻の官能小説に含まれる記事が1936件見つかりました。

 
  • 妻を他人に7

    次の日の昼間、私は酒井さんと会いました。昨日の麻衣と酒井さんの出来事を知りたくて。酒井さんは話しました。まずは、待ち合わせ場所から酒井さんの車でドライブしながら、公園を歩いたとの事。このときに、酒井さんから自然と、麻衣さんの手を握り歩いたと。そして再び車に乗りランチを食べに行ったと。ランチは小部屋で、二人で楽しく会話しながら、食べたと。そして、ランチを食べて、ラブホテルに行って、麻衣さんを抱いてセ
    和也 [552]
  • 妻を他人に6

    その日は、朝から麻衣はお出掛けの準備に余念がなく、ピンクのワンピースに、黒の下着と、酒井さんが麻衣さんに、お気に入りの服と下着で来て下さいと事前に私に連絡があり麻衣に伝えてました。そして支度が終わりまいが、じゃあ、行ってくるね。夕方までには帰ってくるわ。と言い残して行きました。俺は、いってらっしゃい。楽しんで来なよ。と言いました。そして、私は、リビングでテレビを見ながら、時間を過ごしていました。こ
    和也 [472]
  • 妻を他人に5

    酒井さんは、何でしょうか?私で出来る事があれば何でもいいですよ。と、言いました。 私は酒井さんに、妻は酒井さんとのセックスで、キスはしない、フェラはしない、中だしはさせない。この3つの条件でセックスしましたよね? さすがに中だしは私も困りますが、後のキスとフェラをさせるような雰囲気に酒井さんがムード作ってくれたら、きっと麻衣も酒井さんにキスすると思うし、フェラもすると思いますが。と言いまし
    和也 [656]
  • 妻を他人に4

    次の日の夕食中に私は麻衣に、酒井さんが麻衣とまた会いたいって連絡来たんだけど。と言うと麻衣は、えっ?昨日だけの約束じゃなかったの?と言いました。私はそのつもりだったけど、酒井さんが、どうしてもまた麻衣と会いたいって言うからさ。一応ダメ元で聞いてますが、期待しないで下さいとは言っているよ。と、麻衣に言いました。すると麻衣は、和也はどうなのよ?私がまああの人と会うって事は、セックスするって事なのよ。と
    和也 [314]
  • 妻を他人に4

    そして、セックスが終わり、寝室から酒井さんが出てきました。酒井さんは、奥さんとのセックス終わりました。凄くよかったです。ありがとうございました。と言われました。私は、ただ会釈をしました。酒井さんが家を出て、私は寝室に向かいました。寝室の麻衣は、まだ全裸状態で、酒井さんのモノと思われる大量の白い液体は麻衣の両胸の谷間に残ってました。私は、麻衣、大丈夫か?と聞いたら、麻衣は、大丈夫よ。とだけ言い残しま
    和也 [339]
  • 妻を他人に3

    酒井さんを居間のテーブルに招き、私と麻衣、酒井さんと、たわいのない会話をしながら、時間が過ぎて行った。そして私が、では、酒井さん、そろそろ。私は此処に居ますから、麻衣と寝室に行って下さい。と言った。酒井さんは、わかりました。では麻衣さん、行きますか?と、麻衣に尋ねると、麻衣はうつむきながら、はい。と、返事をしました。酒井さんは麻衣の手を握り、二人は寝室に入って行きました。覗かない代わりに寝室のドア
    和也 [353]
  • 妻を他人に2

    麻衣は、冗談も休み休み言ってよ。何で私が他人とセックスしなきゃならないのよ。と。それから俺は麻衣を何日も麻衣を説得して行った。そして麻衣を説得して1週間後に、ようやく麻衣から諦めに近い承諾をもらった。但し麻衣からの条件は、キスはしない。フェラはしない。中出しは絶対ダメ。との条件。俺はわかった。その条件で探すから。麻衣、ありがとう。と言って、俺はその条件を理解してくれる男性を麻衣とセックスしてくれる
    和也 [260]
  • 妻を他人に

    俺達は職場結婚して3年になる。私は和也30歳、妻の麻衣は26歳で、ルックスやスタイルは悪くない。子供はまだいない。セックスは普通に営んでいる。麻衣には何も不満はない。むしろ、専業主婦で家事や色々な事を凄くしてくれて感謝している。 そんなある日、俺は麻衣とセックス終わった後に、こう切り出した。 なぁ、麻衣。実は頼みがあるんだ。と俺は言ってみた。すると、麻衣は、何?どうしたの? と、麻
    和也 [339]
  • あなた、ごめんなさい・・・

    営業マンの亀田はちよっと遅い昼食に郊外の和食レストランに入るとすき焼き定食を注文する。亀田は待ちながら口の中は熱い肉が生卵が絡まったすき焼きの口になっていた奥の座敷では主婦の食事会なのか騒がしかったが、その座敷の襖が開くと中から一人の主婦が出て来た。その主婦は大人しそうな清楚な亀田好みの主婦で亀田が二度見する程の美人だった。後でわかる事だがその女の名前はN美で31歳の若妻だった。女は出て来ると奥で
    サクラ [4,672]
  • 新妻 寝とられ京子4

    京子は一人になると情緒不安定になり日常では考えもしないSだとかMだとか…それが駒田の存在に京子がドMだと…いえ、そんな大それた事を…ただ京子は耕平の淡白なセックスに…耕平は例えば喘ぎ声が大きかったり露骨に感じたりするとちょっと萎える所があって……京子は耕平に言えずに耕平の好きな淑女なHを耕平の前では装おっていた京子はそんな事を考えながら無意識に片付けなきゃ隠匿しなきゃと焼け焦げた壁を指で擦る…勿論
    里緒菜 [5,571]
 

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス