官能小説!(PC版)

トップページ >> 痴漢の一覧

痴漢の官能小説に含まれる記事が603件見つかりました。

 
  • 電車の中から3

    割れ目に沿って舌を這わされ ヒダを吸われヒダの中に隠れているクリトリスを舌先で突っついたり アヌスまでも舐められ四つん這いの恥かしい体位で犯されているのに敏感な所を舐められたり触ったりされる度に 私の身体は反応してしまう声も出そうになるが 必死に我慢している「君の身体は正直だね クリトリスやヒダ そしてアヌスを舐めると ピクッと反応するね マンコからはエッチな汁が出始めているしね
    まさ [11,448]
  • 電車の中から2

    何で痴漢についてきたんだろう?これから会社に行くのに…痴漢に付いて行き 部屋に入ってしまった「君はかなりエッチなんだね 電車の中で触られ感じるなんてね」「やっぱり帰ります」裂けたストッキングを脱ごうとしたときに ベッドに押したおられた君は俺を知らないけど 俺は君の事は知ってるよ」私はびっくりしながら「なぜ 私を知ってるの?」「それはね 君と俺は同じ会社だし 新人の君の配属先と俺は同
    まさ [11,439]
  • 電車の中から

    新入社員の私の初めての通勤電車駅に着いてビックリ ?毎日こんな電車に乗って会社に行くのかな覚悟を決めて初めての満員電車に乗りました次の駅に着いて 満員電車なのに 凄い人数の人が乗ってきた 身動きがとれない 明日からは満員電車をさけて早く家を出ることにしようかなと思っていたときに……ん? お尻に? まさか痴漢?体を動かしたくても満員電車 身動きが出来ないミニスカートの中に手が入ってき
    まさ [13,132]
  • 僕は透明人間

    僕は先崎和仁(31)透明人間になれる特殊能力を持っているんだ。今回のターゲットはこの女白井みさき(18)この間コンビニに行った時に僕に散々文句を言ってきた女だ顔はまぁまぁ黒く長いストレートの髪をしてる今時の女子高生ってところだろう。透明人間になって家まで突き止めたんだ制服から高校もわかってる。明日から沢山僕が苛めてあげるからね…
    MIU MIU [20,312]
  • 赤いペティキュアの女

    愛美は豊かな乳房に同色のオープンブラを身に着けた。そしてその上に白いブラウスと下にはBlueのミニスカートを穿いた。愛美は簡単な朝食を済ませると、洗面台で綺麗に歯を磨いた。そして通勤様のバッグを肩に掛けて、何時の様に自宅の部屋のドアーを開けて、最寄りの駅を目指して自転車に跨がって漕ぎ出した。愛美は最寄り駅に着くと、何時の様に自転車を駐輪場に停めた。そして愛美は駅の自動改札を抜け出るとホームで次の電
    もっちー [10,481]
  • 赤いペティキュアの女

    『あひぃぃ…、まるで複数の男に犯されているみたいだわぁ…!ああん、いい…、いいわぁ…、あーん、愛美アクメに達しそうよぉ…!』と言って愛美は下腹部を痙攣させながらアクメに達した。愛美は髪を振乱しながら顎を突出して、身体を硬直させた。愛美はゆっくりと図太いディルドを引き抜くと、愛美のエッチな汁がベッタリとディルドに付いていた。愛美はそのディルドを唇元に近ずけると、愛しいそうにフェラをして観せた。すると
    もっちー [10,168]
  • 赤いペティキュアの女

    愛美のピンクのハイレグパンティのクロッチは既にビチョビチョになっていて、ワレメやクリトリスがうっすらと透けて見える程だった。『ねぇ…、皆さん愛美の勃起したクリトリスがうっすらと透けて見えるでしょ…! この勃起したクリトリスを誰か舌で舐めて欲しいのぉ…! ワレメもヒクついているのが見えますか…? 愛美のエッチなワレメも苛めて欲しいなぁ…!』愛美は切なそうに腰を捩らせて悩ましくアピールをした。そして愛
    もっちー [6,901]
  • 赤いペティキュアの女

    『あはぁ… んん、愛美はねぇ…、今昨今迄ホテルで上司と濃厚なセックスをしていたの…、 おまけに帰りの通勤電車の中で痴漢にアソコを弄り回されて、お陰で愛美のワレメは未だにジンジンしているのぉ…! だから、是から濃厚な独りHをするので、皆さん、じっくりと観て下さいね…!』と言いながら愛美はピンクのハイレグパンティのクロッチ越しを指でオナニーをし始めた。次第に愛美は感じて来たのか、腰をビクン、ビクンと痙
    もっちー [6,798]
  • 赤いペティキュアの女

    『ああ…、や、止めてよ…! 人を呼びますよ…! あん…、駄目だったらぁ…!』と言って愛美は足を閉じて抵抗をした。しかしその中年サラリーマンの男の指は益々大胆になり、愛美の太腿の付け根のパンティのクロッチを撫で回してきた。『嫌だぁぁ…、そこは駄目だったらぁ…、昨今穿き替えたばかりなのにぃ…! だから止めてよ…!』と涙ながらに哀願をした。すると、男の指がパンティのクロッチの横からワレメの中に挿入してき
    もっちー [8,013]
  • 赤いペティキュアの女

    『愛美君…、そのハイレグカットのパンティも似合ってるよ…!でも、丁度良かったじゃないか…! 真新しい下着が置いてあって、』『えぇ、そうみたいですねぇ…! じゃあ、課長さんもお風呂でサッパリと洗い流して来たらどうですか…?』と愛美は課長さんにお風呂に入る様に忠告した。『そうだなぁ…!風呂に入って、サッパリとするかぁー! じゃあ、愛美君、そうさせて貰うよ…!』と言って栄田課長さんは全裸でバスルームに入
    もっちー [5,897]
 

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス