官能小説!(PC版)

トップページ >> 女子生徒の一覧

女子生徒の官能小説に含まれる記事が1152件見つかりました。

 
  • 家出176

    僕とマキさんは中に入り「哲也君大丈夫?」「大丈夫ですよ!それよりマキさんこそ大丈夫でしたか?あんな話聞かされて」「うん…愛ちゃんの気持ちも分からなくわないの…同じ女性として…父親にレイプなんかされたら自暴自棄になるわよ…あたしだって…でもさすがにここまでは考えつかないわよ…最近の若い娘は恐ろしい…」その後しばらく二人共何も話せずにいたそして西日が刺す頃「なんかここにいてもどんよりするだけだから外に
    ピギャン [2,418]
  • 家出175

    「武田さんどういう事だよ!」武田は話し始めた父親にレイプされ中出しをされ深く傷付いた事そして辛い過去を消す為にどうするか考え誰かに又中出ししてもらい妊娠すればその人の子供と言えるし父親から逃げれると思って出会い系で哲也と知り合いそれは見事に成功した。そして18になって籍を入れればあたしは自由だと思った…が最後に父親に見つかってセックスをしてしまい僕に見られ事実を知ってしまった「まぁ補足を付ければ私
    ピギャン [2,053]
  • 家出174

    「止めろよ!」後ろから高橋が愛を助けに入った「止めろよ!吉岡だって愛ちゃんを責められないだろ!お前だって荒川と浮気してたじゃねぇか!」「高橋…なんでそれを…」「見ちゃったんだよ!お前と荒川が会社でセックスしているのを!」「あぁしてたよ…マキさんと…それは俺も悪いとは思っているよ…」「じゃあ愛ちゃんを幸せにしろよ!綾ちゃんもいるんだぞ!」「グスン…高橋さん…」「あぁ…確かに綾がいるから愛を幸せにしな
    ピギャン [1,588]
  • 家出173

    愛は綾を寝かし付け急いで夕食の準備を始めた「哲也さん遅いなぁ…」携帯に連絡しても繋がらずただ僕の帰りを待つしかなかったしかし僕はその日は家に帰らずマキさんの家に泊まっていたそして次の日昼位に「ピンポーン!」「はぁい!哲也さん?」「あぁ…」「ガチャ…お帰りな…!?」愛は驚いた表情をしたそれもそのはず愛の目に飛び込んで来たのは哲也と腕を組んでいるマキさんと顰めっ面で立っている高橋がいた「哲也さん?」「
    ピギャン [1,574]
  • 家出172

    「チュッ…哲也君…」「何ですか?」「ここで一緒に住まない?ここからの方が会社も近いし、いつも哲也君と一緒に居られるから!」「はい!僕もマキさんと一緒に居られる時間がいっぱい欲しいですから!」「ありがとう…哲也君…」「いいえ!お礼を言うのは僕の方です!いつまでも待ってくれて…」「うぅん!いいの!これからいっぱいいっぱい一緒に居られるから!」「マキさん…チュッ…ねぇマキさん…」「なぁに?」「又したくな
    ピギャン [1,544]
  • 家出171

    「ああぁぁぁマキさんマキさんイキそうだよああぁぁぁマキさんマキさんああぁぁぁ」「あんあんあんあんあんあんあん哲也君来てぇ来てぇいっぱいいっぱいいっぱいああぁぁぁあたしもいっちゃういっちゃうああぁぁぁイクッイクッイクッ…」「ああぁぁぁもう限界イクッイクッ…」「ドピュ…ドピュ…ドピュ…ドピュドピュ…」「ビクビクッ…あっ…ビクッ…あっ…ビクッ…哲也君いっぱい出てるのが分かるよぉ…あっあっあっ…」「ハァふ
    ピギャン [1,487]
  • 家出170

    「マキさんもう我慢出来ない…」僕は身体を起こしマキさんの腰を持ちピストンを始めた「あっあっあっ…哲也君今日は中に出さないでね…あっあっあっあっ中に出したら…」「嫌だ!マキさんの中にいっぱい出す!」「あっあんあんあんダメよっ…中に出したら出来ちゃうよ…赤ちゃんが…あんあんあん…」「いいよ!赤ちゃん出来ても!マキさんに僕の子供を産んでほしい…」「あんあんダメよっ…あなたは奥さんいるしあたし一人では育て
    ピギャン [1,561]
  • 家出169

    「マキさんのおまんこ濡れてます…」「ぅん…哲也君の愛撫と言葉で濡れちゃった…」「良いですか?入れて…」「哲也君来て…欲しい…」僕はゆっくりおまんこへ侵入させた「ツルッ…」「あぁ…マキさん入りました…」「あっ…あっ…分かるぅ…哲也君が入ってるの分かるよぉ…」「気持ちいぃ〜僕は、マキさんと繋がれて嬉しいです…」「あっ…あっ…あたしも哲也君と繋がれて嬉しいわぁ…」「マキさん…わがまま言ってゴメンナサイ…
    ピギャン [1,472]
  • 家出168

    マキさんの白く柔らかい豊満な胸、ツンと立っていて綺麗なピンク色の乳首が露わになった「マキさん胸綺麗です…」「イヤンッ恥ずかしいよぉ…」「マキさん素敵です…触りますよ…」「ぅん…触って…哲也君…」僕は胸を下から持ち上げるように揉み上げ首筋を舐めた「チュッ…チュッ…チュッ…チュッ…あぁ…マキさんの胸柔らかい…」「ハァハァ…あっ…あっ…あっ…哲也君…もっとぉ…」僕は強く胸を揉んだ「あぁ…あっ…哲也君…い
    ピギャン [1,462]
  • 家出167

    そしてマキさんが僕の目を見つめて…「哲也君…あたしの事好きにしていいわよ…哲也君がしたい事あたしにして…」「マキさん…」僕はマキさんをベッドに寝かせ「マキさん…マキさんが欲しい…」「哲也君…あたしを奪って…」僕はゆっくりマキさんの唇に近付き「チュッ…チュッ…あぁ…マキさんの唇柔らかい…チュッ…チュッ…チュッ…」「哲也君…チュッ…ハァ…チュッ…チュッ…ハァ…チュッ…」そして僕は上唇、下唇を交互に口に
    ピギャン [1,430]
 

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス