官能小説!(PC版)

トップページ >> 女子生徒の一覧

女子生徒の官能小説に含まれる記事が1152件見つかりました。

 
  • 家出166

    そして僕の家では「ハァハァハァお父さん…」「愛、気持ち良かったぞ!お前のおまんこは最高だ!お父さんのチンポ綺麗にしてくれ」義男はおまんこからおちんちんを抜いた「あっ…」「ほらぁお父さんの精子と愛のマン汁まみれのチンポ綺麗にしてくれ」「うん…ピチャ…チュパッ…チュパッ…チュパッ…」「あぁ〜愛…ほんとにお前はいやらしい娘だ…お父さんは興奮しっぱなしだったよ…」愛は黙っているそして義男は服を着て「愛!じ
    ピギャン [1,576]
  • 家出165

    「落ち着く…」「うふっ…何かお子ちゃまみたい…」マキさんは僕をあやすように頭を撫でる「ダメですか?…」「良いわよ…哲也君の気が済むまで…」「ありがとう…あぁ良い匂い…」「今日は凄く甘えたちゃんなのね…」「嫌いになりますか?…」「ならないわよ!…キュンキュンしちゃう…」「マキさん…」「んっ?…」「キスしていい?…」「良いわよ!…哲也君がしたい事して…あたしが受け止めてあげるから…」僕は目をつぶりマキ
    ピギャン [1,264]
  • 家出164

    「あんあんあんあんあんあんお父さん気持ちいぃあんあんあんあん」「あぁお父さんも気持ちいぃよ!あぁ〜あぁ〜イキそうだぁ」「あんあんあんあんお父さんあたしもいっちゃうあんあんあんあんあん」「あぁ〜いくぞ愛!あぁ〜あぁ〜イクッイクッイクッ」「あんあんあんあんあんお父さんああああぁぁぁぁイクゥイクゥイックゥ…」「ドピュッ…」「ビクビクッ…」二人は絶頂に達したその頃僕はマキさんのマンションに着いた「ピンポー
    ピギャン [1,809]
  • 家出163

    僕はさらに衝撃的な事実を知る「ふんっふんっの娘は何歳なんだ?」「あんあん1歳と10ヶ月…あんあん…」「じゃあお父さんの娘なのか?」「えっ?」「あんあん分からない…あの日哲也さんも中に出したし隣の武田さんの精子も中に出されたから誰の子供か分からないの…」「マジかぁ?」僕は今の一連の会話を携帯に収めた…そして撮影をやめ二人の行為を見た「ふんっふんっお前はそんなにふしだらな事ばっかりしていたのか!」「あ
    ピギャン [1,838]
  • 家出162

    「あっ…あっ…あっ…」「愛、お父さんのチンポ欲しいだろ!」「欲しいです…お父さんのおチンポ…」「いやらしいなぁおチンポなんて入れてやるよ!ふんっ!」「ニュルッ…」「あぁ…お父さんのおチンポ入ってる…あぁ…」「やっぱり愛のおまんこは気持ちいぃぞぉ」義男はゆっくり腰を動かした「あっあっあんあんあんあんお父さん気持ちいぃ〜あんあん…」「ハァハァお父さんも気持ちいぃぞぉ」「あっあっあっいぃ〜あんあん…」僕
    ピギャン [1,860]
  • 家出161

    「ジュルジュルジュルクチュクチュクチュジュルジュルジュルクチュクチュクチュ」「あんあんダメェェェああああぁぁぁぁイクゥイクゥイクゥお父さんああああぁぁぁぁイックゥ…」「ビクビクッ…」「ハァハァハァ…」「どうだぁ?気持ちいぃか?」「ハァハァ…はい…」「じゃあお父さんのを気持ち良くさせろよ」愛は義男のズボンとパンツを降ろしおちんちんを舐めた「チュッ…チュッ…ペロッ…ペロッ…チュッ…」「あぁ〜いいぞぉ…
    ピギャン [1,989]
  • 家出160

    「痛いっ…もっと優しくしてください…」「どうして欲しいんだ愛は?」「ち、乳首舐めてください…」「よぉし良い娘だ!」義男は愛の乳首にしゃぶり着いた「ジュルジュルジュル…あぁチュパッチュパッチュパッ…レロレロレロレロ…」「あっあっあっ…はぁ…あんあんあん…」「ジュルジュルジュルあぁ〜どうだぁ愛気持ちいぃかぁ?」「あっあっあっ気持ちいぃです…はぁ…はぁ…」「こっちはどうなっているんだぁ?」義男はスカート
    ピギャン [2,129]
  • 家出159

    「ドンッ…」愛は飛ばされ涙を流し、ほっぺを手で抑えながら震えていた「ガクガク…ガクガク…」「愛…そんなにお父さんが嫌か?」義男は愛に近づく「ブルブル…お父さん…止めて…ブルブル…」愛は怯えながら必死に義男に懇願する「そんなに嫌か…まぁ嫌がる娘を犯すのも興奮しちゃうなぁ!」義男は上半身裸になりいきなり愛の口を手でふさぎ首筋を舐め始めた「んーーー!んーーー!んーーー!…」愛は涙を零しながら必死に大声を
    ピギャン [1,525]
  • 家出158

    愛と綾は義男に後をつけられているのも知らずに家に着き綾は寝てしまったので寝かせ買ってきた物を冷蔵庫にしまい夕飯の準備をしようと思った時「ピンポーン!」「はぁい!哲也さん?」ドアを勢い良く開けたしかし立っていたのは「お父さん…」義男だった「よお!愛久しぶりだな!やっと見つけたよ!」義男はにやけながら話す「帰って!」勢い良くドアを閉めようとしたが「バンッ!待てよ!」義男はドアを手で止めて閉めさせないよ
    ピギャン [1,236]
  • 家出157

    そして僕達はお互いに僕はマキさんと愛は高橋とそれぞれ身体を求め合い僕と愛は月に一回程度しか身体を交えなくなったそれも凄く淡白な…マンネリ夫婦がただ社交辞令のようにしかしないセックスに…そして月日が経ち愛は18歳になった綾も大分大きくなったそして僕はほんとの出張する日の朝「ねぇ哲也さんあたし18歳になったけど籍入れる件どうするの?」「そうだな…愛は籍入れたいか?」「それはもちろん!綾もいるんだし!ち
    ピギャン [1,169]
 

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス