官能小説!(PC版)

トップページ >> 女子生徒の一覧

女子生徒の官能小説に含まれる記事が1152件見つかりました。

 
  • 家出156

    「あっあんあんあんあん高橋さん気持ちいぃあぁあんあんあんあん高橋さん気持ちいぃょぉ」「ふんっふんっふんっふんっ愛ちゃん俺も気持ちいぃ!ふんっふんっふんっふんっ」高橋も汗をかきながら腰を振った「ふんっふんっあぁ〜愛ちゃんイキそうだよ」「あっあんあんあんあんあんあん高橋さんあんあんあんあん」「あぁ〜ダメだイクよ愛ちゃんイクからおちんちん抜くよあぁ〜」愛は高橋がイキそうになるのを分かっていながらおちんち
    ピギャン [1,672]
  • 家出155

    「チュパッ…チュパッ…チュパッ…チュパッ…」「あぁ〜気持ちいぃ…愛ちゃんおちんちん美味しいかい?」「チュパッ…チュパッ…ぅん…チュパッ…チュパッ…」「あぁ〜愛ちゃんもっと激しく動かして…」高橋は愛の頭に手をやり愛の頭を早く動かせた「チュパッチュパッチュパッチュパッチュパッチュパッチュパッチュパッチュパッ…」「あぁ〜たまんねぇ!愛ちゃんそろそろ愛ちゃんのおまんこに入れたい!」愛は口からゆっくりおちん
    ピギャン [1,505]
  • 家出154

    「愛ちゃんのお潮でいっぱいになった僕の身体を綺麗にして!」「ハァハァハァ…はぃ…」愛はお尻を上げながら床に這いつくばって高橋の上半身へと移動した「チュッ…チュッ…チュッ…チュッ…」愛は高橋の身体に付いたお潮を一滴一滴丁寧に吸い取っている「あぁ〜愛ちゃんいやらしいよ!その姿!」高橋は愛の頭を撫でながら言った「愛ちゃんついでに乳首も舐めて…!」「ぅん…」「チュッ…チュッ…チュパッ…チュパッ…レロレロ…
    ピギャン [1,472]
  • 家出153

    「ハァハァハァ…」「愛ちゃんイっちゃったねぇ!」「ハァハァ…うん…」「まだ終わらないよ!愛ちゃん四つん這いになって!」「ハァハァ…うん…」愛は四つん這いになりお尻を突き出した「愛ちゃん可愛いお尻だねぇ!」高橋は愛のお尻を舐めた「ピチャ…チュパッ…チュパッ…チュパッ…チュパッ…」「はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…」「これだけじゃ物足りないかな?」高橋は指でクリトリスをいじり始めた「クチュクチュクチュク
    ピギャン [1,991]
  • 家出152

    「あっ…」愛は反射的に腰を浮かせた「愛ちゃん敏感だねぇ!」高橋は愛のおまんこをゆっくりなぞった「はぁ…あっ…はぁ…あっ…あっ…あっ…」そして高橋はパンティの上から指をおまんこに入れた「はぁ…うっ…はぁはぁ…はうっ…」愛の息はだんだん荒くなっていくそして高橋は親指でクリトリスを触った「はぁ…あっ…あっ…ダメそれぇ…あっ…」「何がダメなの?」「あっ…あっ…それ気持ちいぃ…あっあっ…」愛は自分で腰を動か
    ピギャン [2,058]
  • 家出151

    「あん…あん…あん…あっあっあっ…」高橋の舌使いに愛も溜まらず喘ぎ声を出してしまう「愛ちゃん乳首起ってきたよ!感じているんだね!」「あんあん…乳首感じちゃうの…」「吉岡には舐めてもらってないの?」「うん…綾が来てからは余りしてくれない…」「こんな可愛い娘に手出さないなんてあいつおかしいよ!俺なら毎日愛ちゃんを満足させてあげるのにぃ…」「高橋さん…」「今日はいっぱい気持ち良くなろ!俺がいっぱい奉仕す
    ピギャン [1,800]
  • 家出150

    「んっ…ハァ…ダメッ…ダメッ…高橋さん…」「愛ちゃん…愛ちゃん…」高橋は必死に舌を絡ませようとする「んっ…んっ…んっ…んっ…んっ…」愛も必死に抵抗する高橋は焦れったい愛を見て唇を離し耳を舐め始めた「愛ちゃん…愛ちゃん…ピチャ…ピチャ…ピチャ…」「ハァハァ高橋さんダメッ…止めてっ…はぁ…あっ…ダメッ…」愛は高橋の舌に耐えているがだんだん吐息混じりの声が出てしまうそして高橋は愛の胸に手を当てた「ハァ…
    ピギャン [1,751]
  • 家出149

    「愛ちゃん…」高橋は愛に近づいた「高橋さん…あたし…あたし…どうすればいいの?」愛は高橋の胸に飛び込み泣きじゃくった「愛ちゃん…」高橋は愛を抱き締め頭を撫でた「グスン…グスン…」「愛ちゃん…俺なら…」「へっ?」「愛ちゃん俺なら絶対…絶対愛ちゃんを裏切らないのに!」高橋は愛を引き離し突然キスをした愛はビックリして目をかっぴらいていたそして「イヤッ!」愛は高橋を突き放し怯えていた「愛ちゃんいいだろ?ね
    ピギャン [1,451]
  • 家出148

    「どうぞぉ」「あぁすいません、お構いなく…」「ほんとわざわざありがとうございます!」「いえいえこれくらい…綾ちゃんこの前より少し大きくなりましたね!」「はい!日に日に成長が目の当たりに出来て嬉しいです!」「そうですかぁ…こんなに嬉しそうにしてるのにあいつは…」「えっ?…」「あっいやっ……………愛ちゃん…大事な話があるんですが…」「大事な?何ですか?」「あっいやっ凄く申し上げ難い事なんですけど…」「
    ピギャン [1,170]
  • 家出147

    そして二週間後僕は週明けから出張だったが週末にマキさんと会ってから出張に行くことにしたそして僕がマキさんのマンションに向かうのに家を出て二時間位経った頃「ピンポーン!」「誰だろう?哲也さん忘れ物でもしたのかなぁ?はぁ〜い」「ガチャッ…」玄関のドアを開けると目の前に立っていたのは高橋だった…「高橋さん…どうしたんですか?」「あっいやっそのぉ吉岡さんいますか?」「哲也さんなら出張で朝うちを出ましたけど
    ピギャン [1,057]
 

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス