官能小説!(PC版)

トップページ >> 女子生徒の一覧

女子生徒の官能小説に含まれる記事が1152件見つかりました。

 
  • 家出146

    「ハァハァ…チュッ…チュッ…」「うぅ〜チュッ…チュッ…」僕達は高橋に見られていたのも気付かずイった後も抱き合いキスをしていた「いっぱい出ちゃったね!」「会社でなんか初めてだったから凄い興奮しちゃいました…」「あたしも…癖になっちゃうかも…」「まずいですよ…いつか誰かに見つかっちゃいますよ…」「そうね!高橋君になんか見つかったら奥さんに言いつけられちゃうかもね!」「やめてくださいよ怖いこと言うの…」
    ピギャン [1,145]
  • 家出145

    「あんっあんあんあんあんあんあんあんあん」「あぁ〜マキさんのおまんこ僕のおちんちんに凄い絡みつく」「あんあん哲也君気持ちいぃ?あたし凄く気持ちいぃ〜あんあん」「あぁ〜いぃです…マキさんのおまんこあぁ〜」そしてマキさんの乳首にしゃぶりついた「あぁ〜いぃ〜哲也君気持ちいぃ〜」「あぁ〜僕も気持ちいぃです…あぁ〜」僕は激しく下から突く「あっあっあっあっあっ哲也君いっちゃうぅ〜」「ハァハァ…僕もいきそぉです
    ピギャン [1,285]
  • 家出144

    「はぁ…あっ…あんっ…あんっ…あんっ…」マキさんは乳首を刺激する度におまんこをおちんちんに擦り付ける「チュッ…チュッ…チュッ…ペロペロ…チュパッ…チュパッ…ペロッ…」「あっ…あっあっあっ気持ちいぃ〜哲也君もっとぉ〜」「チュパッチュパッチュパッチュパッチュパッチュパッチュパッ…」「あんあんあんあんあんいぃ〜あんあんあんあん」マキさんは喘ぎながら腰を振っている「哲也君あたしもう入れて欲しい…」「どこに
    ピギャン [1,398]
  • 家出143

    そして2ヶ月くらい経ったある日僕は一人で残業をしていたすると「ガチャッ…」「マキさん…どうしたんですか?今日は直帰だったんじゃぁ…」「哲也君がいると思って来ちゃった!」「えっ?」「だって…哲也君会いに来てくれないから…」「あっいやっ…何かマキさんがうちに来てから行きづらくなっちゃって…」「あたし寂しいの…哲也君の家に行ったら余計に…あたしバカよね自分で自分を傷つけている…哲也君抱いて…」「ここで…
    ピギャン [1,338]
  • 家出142

    マキさん「ご馳走様でした!美味しかったし、楽しかった!又来たくなっちゃった!」愛「いえいえあれくらいしか出来ませんから!すみません片付け手伝って貰っちゃって…良かったらいつでも来て下さい!!」「ゲェッ…」僕は心の中で思ったマキさんは僕を見て怪しい笑いをした高橋はマキさんの後ろで愛を見つめているように見えた「じゃあお邪魔しましたぁ」そして二人は帰って行った「あぁ〜久しぶりにいっぱい喋ったぁ!マキさん
    ピギャン [1,037]
  • 家出141

    そして約束の土曜日「ピンポーン!」「はぁい!」「こんばんはぁ初めまして荒川マキです!」「あっ高橋…高橋努です!初めまして」「初めまして愛ですいつも哲也さんがお世話になってます!」「いいえこちらこそお世話になってます!」「あはっ!」「うふっ!」「いらっしゃい!さぁ上がってください!」「お邪魔しまぁす!」「お邪魔しますぅ」「なんだ高橋いつもと感じが違うなぁ緊張してるのか?」「あっいやっ…」「変な奴だな
    ピギャン [1,069]
  • 家出140

    そしてその日の夜「愛来週の土曜日綾の出産祝いでうちの会社の人が二人来るんだけどいいか?」「えっ?出産祝い?」「うん綾の顔見てみたいって言って…愛が嫌なら断るけど…」「ううんあたしは大丈夫だよ!」「そっかぁ…なら良かったよ…」「男の人二人来るの?」「いや上司の女性と同じ年の男の人だよ」「上司の女性…」「あぁ…困っちゃうよなぁ…」「うっ…うん…でも綾のお祝いだから喜ばないと!」「まぁそうだな!うちの両
    ピギャン [952]
  • 家出139

    そして数日後愛は退院をし綾と一緒に僕の家に帰ってきたそれからと言うものさすがにマキさんの所へ行くのは気が引けマキさんも分かっているようだったそして1ヶ月位経ったある日マキさんが「ねぇ約束覚えてる?」「約束?」「そぉ哲也君の家に遊びに行くの!」僕はすっかり忘れていた「あっ…あぁ覚えてる」「いつにする?」「あっいやっその…」「来週の週末あたりは?」「いやぁ…どうだろう…」「あっそうだ!高橋君にも予定聞
    ピギャン [969]
  • 家出138

    「ねぇ哲也君…今度哲也君の家行ってみたいなぁ」「はい?」「哲也君の奥さん見てみたい!」「マキさん冗談キツいですよ!」「冗談じゃないよ!本気だよ!」「まずいですよ…」「大丈夫よぉ出産祝いとか適当に名目付ければぁ!あっ!そうだあたし一人じゃ不自然だから高橋君あたりを一緒に連れて行けばいいじゃん!哲也君と仲いいんだし」「でもぉ…」「大丈夫よぉあたしこれでも口堅いから安心して!」「分かりましたよぉ…でも落
    ピギャン [954]
  • 家出137

    「ただいま〜」「お帰りなさい!」愛はいきなり抱き付いてきた「どうしたんだよ!いきなり…」「寂しかった…」「ゴメンね!チュッ…」「チュッ…ん?」キスをしたが愛はこの時香水のような臭いが鼻に付いた「なんか女性物の香水の臭いがする…」「ゴメン先風呂入る!」「あっうん…お湯沸いてるからゆっくり入ってきて!」「あぁ!」愛は鼻に付いた臭いが何なのかはあえて僕に聞かなかったそしてそれからしばらくすると愛はストレ
    ピギャン [956]
 

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス