官能小説!(PC版)

トップページ >> 女教師の一覧

女教師の官能小説に含まれる記事が445件見つかりました。

 
  • 彼女の望んだ解答 Q26

    「恭太の……おちんちん…っぁああ!恭太ァッ!!突いて!!突いて!!」雪美は黒髪を振り乱し、今までで一番激しく身を踊らせた。恭太のペニスは、一突き一突き、彼女に生きる気力を与えてくれているかの様だった。「ふぅあ!!あう!!ひゃう!!いいィ!!久しぶりの恭太の…!!恭太のおちんちん…最高…!!あふぁあ!!」汗だくになり、お互いに絶頂を迎えかけても、しばらく挿入を止め、また絶頂への快感に耽る。「あぁ…!
    輪廻 [4,347]
  • 彼女の望んだ解答 Q25

    暑い日差しに、雪美は少し目を細めていた。あれから数週間して、ようやく松葉杖で歩けるようになった雪美は、恭太と病院の敷地内を散歩していた。雅次の話を、恭太は雪美に話して聞かせていた。「ははは、そっか。いたずらであんな問題を………。ふふ、あの人らしい」「あそこにベンチがある、少し腰かけよう」「恭太…。話してくれてありがとう」恭太には何一つ笑えない、重苦しく虚しい話に感じられた。それでも、雪美は礼を言っ
    輪廻 [3,293]
  • 彼女が望んだ解答 Q24

    「認められた…って、まるでアンタが雪美に認められてなかったみたいな言い方を…」「彼女から……俺との出会いは聞いたかい?」「何かのパーティーで会った…としか」「そうか……。今日、俺がここに来たのは、この事件のことだけじゃない。俺は、雪美が回復するまで、彼女の代理を引き受けたんだ」「ってことは…アンタも数学の…」「本来なら大学の講義が優先だしこういう事は出来ないんだが、彼女のためなら…。いや、彼女の代
    輪廻 [2,390]
  • 彼女の望んだ解答 Q23

    「……というわけで、くれぐれも夜遊びなどは控え、夜道は一人でいないこと。必ず友達と帰ること。以上だ。………ああ、そうだ、守岩、守岩恭太」恭太は急に名前を呼ばれ、びくんと跳ね上がった。「!?はい…?」「これから職員室に来なさい」「は、はい」「お?恭太なんかやらかしたか?」「夏休み中はほとんど遊ばなかったからな〜。なにしでかしたんだ〜?」「し、知らねェよ」事実だった。雪美は入院中だし、こんな状況で彼女
    輪廻 [2,709]
  • 彼女の望んだ解答 Q22

    「はい、席について。…みんな、朝会でも聞いた通り、水下雪美先生が夏休みの見回りの最中に、何者かに刺されました」「犯人は分かってないんですか!?」「なんで刺されたんですか!?」「みんな落ち着いて!いいから、話を聞きなさい!水下先生はどうにか一命は取留めましたが、重体には変わりありません。ですから以後の数学の授業は…………」恭太は話を半分も聞かず、ぼんやりと外を眺めていた。「夜の九時だぞ……。何時間見
    輪廻 [2,111]
  • 彼女の望んだ解答 Q21

    じっとりとした熱気が、夜の街を満たしていた。呼吸すら気分が悪くなるこんな日に限って、ゲームセンターの前には高校生が群がっていたりする。雪美は、(ウチの学校の生徒ではありませんように…)と半ば恐怖を帯びた願いを、心の中で呟きながらゆっくり近づいていく。――雪美…。いいんじゃないか…?ちょっと駅前見てくるくらいで…。――恭太、これは仕事なの。さっきも言った通り、手は抜けません。私は、私にできることをし
    輪廻 [2,287]
  • 彼女の望んだ解答 Q20

    「あぁッ…!!はぁ…!!はぁ…!もっと…!!恭太…ァ!!」「雪美…!!雪美…!!はぁ…!はぁ…!」「きて…!!熱いの…!!恭太の熱いの…!!もっと…!!奥に…!!」「雪美の中も…!!すげェ熱い…!!」雪美は長い黒髪を振り乱し、恭太に突かれながら、自らも腰を振っていた。「はぁあう!!イッ…ちゃう!!イッちゃう!…恭太の精子…!!奥にちょうだい…!!」「雪美いィィ…!!」「ぁああ!!イクぅぅうう!!」
    輪廻 [2,819]
  • 彼女の望んだ解答 Q19

    その日の夜、恭太を、一人暮らししている自宅まで送り届け、雪美は帰宅した。がらんと片付いた室内には、雪美だけがぽつんと取り残されていた。「恭太……」かつてない孤独感が彼女を蝕んだ。自らの体を抱くと、髪から塩の香りがした。(髪…洗わないと……)バスタブに湯を溜める間、雪美はぼーっとしていた。――今までの孤独に満ちた人生。両親は教師の夢を反対しても、私は死に物狂いで勉強して、彼に追いついて…。そうして自
    輪廻 [2,398]
  • 彼女の望んだ解答 Q18

    パラソルの下、雪美は頭からタオルを被って、水平線を眺めていた。「雪美、焼きそば買ってきた。?」「ありがとう恭太」雪美はいつもの仏頂面だが、どこか涼やかだった。二人はしばらく無言で腹ごしらえをしていたが、雪美は静かに呟いた。「ありがとう恭太」「?…礼ならさっき…」「ううん、海に…私と一緒に来てくれて」水平線から目をそらさず、雪美は言った。「私、自分に自信が無くなっていたみたいだった。恭太に出会って、
    輪廻 [1,808]
  • 彼女の望んだ解答 Q17

    水着を少し捲ると、雪美の陰毛が顕になった。彼女は少し亀頭を触れさせただけで、身震いした。「雪美…動かないで…」「はぁ…ん…ごめんな…さ…あぁあ!!入って…きた…っ!!」(これっ…!!恭太の…!!太くて堅くて熱くて奥まで入る…!!私…これが…!!)「いい…!!恭太の…!!あぁ…!!ああ!!もっと!もっと!!」「はぁ!!雪美、雪美!!」ばちゃばちゃと海面で波をたてながら、雪美は彼の両肩を掴んで、激しく
    輪廻 [2,028]
 

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス