官能小説!(PC版)

トップページ >> 女教師の一覧

女教師の官能小説に含まれる記事が445件見つかりました。

 
  • 彼女の望んだ解答 Q6

    その日の帰り道、恭太と雪美は二人一緒だった。「先生、ちゃんとメシとか食ってんの?熱中症でダウンとか、洒落になんねーしよ」「食事はきちんと摂っているつもりです。室内温度もきちんと適温に保っています」恭太はモゴモゴと喋る彼女に、愛らしさを覚えた。普段、答えの決まっている事柄に対しては高圧的なまでに饒舌に捲し立てる彼女だが、いざ人間味溢れる話をしだすと、人見知りする少女の様にたどたどしい。「きちんと摂っ
    輪廻 [2,268]
  • 彼女の望んだ解答 Q5

    「はぁッ…!ダメ…!恭太…!」「先生…!」「恭太…んッ!くちゅ…ん…!」愛しいから、補習を受けている時も、補習をしている時も、苦じゃなかった。「先生…ずっとこうしたかった…ずっと」「…んんッ!ぁ…守岩恭太…!やめなさい…!こんな…ぁん…恭太……!!」舌や唇で、首筋や耳たぶを愛撫されては、雪美もいつもの調子では注意できなかった。むしろ、甘く誘うような喘ぎが漏れるばかりだった。「先生……!!」雪美を教
    輪廻 [3,192]
  • 彼女の望んだ解答 Q4

    「なっ!すごかっただろ!このAV!!」友人に招かれた恭太は冴えない表情で、友人二人のやり取りを見ていた。「確かに水下先生似だけどさ〜。やっぱ実物には敵わないわな〜」「恭太、お前にも貸そうか!?」「ばぁか、俺はまた今日夕方に、補習の結果が返ってくるんだよ。本物に会うことになるってーの」――あれ以来、水下先生とは一度も目を合わせてないっつーか。合わせてくれないっつーか。とにかく、気まずい。だから今日の
    輪廻 [2,641]
  • 彼女の望んだ解答 Q3

    「そうでしたか、ごめんなさい……。見苦しいものを見せてしまいましたね」少女のように顔を伏せる雪美を、恭太は真剣な顔で見つめていた。「私を……私を見てって…。なんのこと?」「分かりかねます。夢でもみていたのかと。記憶にありません」「じゃあ、先生さ…」「今日の補習は以上です…早く帰っ…」恭太は雪美の腕を掴み、立ち去ろうとする彼女を引き留めた。「なんで今、泣いてんの?」顔を上げた雪美は、幼女のように、ぼ
    輪廻 [2,360]
  • 彼女の望んだ解答 Q2

    「あれ……」恭太はちらっと雪美に目を向けると、彼女の額から、汗が珠のように滲んでいるのが分かった。「もしかして……先生も暑い?」「…………。私語は慎みなさい」雪美は恭太をじっと見つめたまま、表情は崩さなかった。むしろ、固定されたまま崩せない様にも見える。それほどまでに、不自然な仏頂面に、恭太はついつい口を開きたくなった。「先生って……学生時代、滅茶苦茶モテたでしょ?」「守岩恭太…。補習要項をさらに
    輪廻 [2,336]
  • 彼女の望んだ解答 Q1

    ――夏休み……夏の暑さを避けるため、最も暑い期間に授業などを休むこと。らしいが、俺には無縁のことらしかった。高校二年の夏。春に比べて明らかに、周りの男女が仲睦まじくし始め、夏休みともなれば……○○○しているこの時期に、俺は数学教師と二人きり、教室で睨み合いだ。――「先生ェ…せ、せめて扇風機か何か、点けませんかァ……?」補習を受けている様には見えない、だらけきった姿勢で、守岩恭太(モリイワ キョウタ
    輪廻 [2,606]
  • 家庭教師 27

    友達の一人が「うは〜オッパイけっこう でかいじゃん 」 そう言ってオッパイを 揉み 乳首を舐めはじめた もう一人の友達は先生の足の間に顔を埋めておまんこを目の前にし「これがまんにくに ヒダでこれがおまんこの穴か」二人は先生のからだをもてあそびはじめた…先生のからだは反応し 無意識のうちに 声が 敏感なとこを触られ舐められると「あん あん」 友達が「おい 和彦 この先生
    かず  [27,871]
  • 家庭教師 26

    友達の一人が「和彦 先生抵抗しなくなったぞ 」 「先生はエッチが好きみたいだから 触られたいんじゃない」俺がそう言うと 先生が「抵抗しても三人にはかなわない どうせ裸にされるんでしょ」もう一人の友達が「そんなのどうでもいい 下着脱がす前に 下着姿の写メ とるぞ」携帯で下着のアッブとか 何枚か撮って パンティの膨らみを見て「これがまんにくの土手か 」と 触りはじめた 「ん
    かず  [17,090]
  • 家庭教師 25

    先生は抵抗したが 童貞の友達二人先生を押さえつけ 初めて触る胸の柔らかさに我慢できなくなり 先生の着てる ブラウスのボタンを外し ブラジャーをも外そうとしたときに 下の階から 母親が「買い物に行ってくるから ちゃんと勉強するんですよ」と すると友達の1人が「はい もう勉強はじまってますから 大丈夫です」 と母親は買い物に出かけていった先生は「やめなさい 痛いでしょ
    かず  [18,783]
  • 家庭教師 24

    先生はお風呂に入り 何もなかったよいにして 帰った 帰る間際に携帯のアドレス をメモしたものを俺に渡して. 俺は今日の出来事 セックスまでした事 友達に自慢したいと思っていた 次の日 話してしまった仲間が先生の顔がみたいと言い 二人がうちに勉強と言い 来てしまった そして先生が来た 友達の1人が 「和彦の友達です 俺達にもあなたに性教育を教えてもらいにき
    かず  [12,867]
 

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス