官能小説!(PC版)

家出179

[6009] ピギャン 2012-08-13投稿
「ああぁぁぁダメェェェェああぁぁぁああぁぁぁああぁぁぁダメダメダメダメダメダメダメェェェェああぁぁぁ…」

愛は大量に吹いてしまった

「ハァハァハァハァハァ…」

「じゃあ愛ちゃん四つん這いになろうかぁ…カチャ…カチャ…カチャ…カチャ…そっちの手錠も反対に付けて」

「あっはいっ…カチャ…カチャ…カチャ…カチャ…」

「ほらぁ愛ちゃんお尻上げて!ペチン!」

「あっ…」

「愛ちゃんはお尻叩かれるの好きなんだよ!なぁ愛ちゃん!ペチン…ペチン…」

「あっ…あっ…」

「バックから入れてお尻叩いてやるとおまんこがキュッと締まって気持ちいぃんだよ!あんた後でやってみん!とりあえずコイツおまんこに入れてローターでアナルに当ててやんな喜ぶから愛ちゃんは!

高橋は武田からバイブを受け取り愛のおまんこに擦り付けた

「ああぁぁぁ…あぁ…ああぁぁぁ…気持ちいぃ〜ああぁぁぁ…」

そして愛のマン汁でいっぱいになったバイブをおまんこに刺した

「チュプッ…」

「ああぁぁぁ…あっあっあっあっ中で動いてる!あっあっあっあんあんあんあんあん気持ちいぃ〜…」

「そのまんまバイブ押し付けてローターでアナルを当ててやんな!」

高橋は言われた通りにすると

「あっヒィィィダメェェェェダメェェェェあんあんあんあんああぁぁぁうぅ〜…」

愛のおまんこから大量のマン汁が垂れている

「スゲェ…こんなん初めて見た…」

高橋は愛の様に驚いていた

「じゃあこれをアナルに塗って柔らかくしてやってローター入れてやりな!」

「これは?」

「ローションだよ!さすがに何も付けないで入れるのは痛いみたいだからな!」

高橋はローションの入った注射器を受け取りアナルとローターに塗り付けアナルに当てた

「ああぁぁぁ…ああぁぁぁ…うぅ〜…うぅ〜…」

そして

「ニュルッっ…」

ローターがアナルに入った

感想

感想はありません。

「ピギャン」の官能小説

女子生徒の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス