官能小説!(PC版)

家出180

[5515] ピギャン 2012-08-13投稿
「あっヒィィィうぅ〜…うぅ〜…」

愛は身体を震わせている
アナルに入っているローターが出て来ないように手で抑えバイブを出し入れした
「クチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュ…」

「うぅ〜…ああぁぁぁ…うぅ〜…ああぁぁぁ…ああぁぁぁ…気持ちいぃ〜ああぁぁぁキャァァァァァ〜」

バイブとローターが皮一枚で当たり愛は絶叫していた

「ダメェェェェダメェェェェダメェェェェああぁぁぁキャァァァァァイックゥ…」

愛は又大量の潮を噴きイってしまった

「もう限界!このまま入れちゃうよ!愛ちゃん!」

高橋はバイブを抜きズボンとパンツを脱ぎ捨て愛のおまんこへおちんちんを入れた

「ジュポッ…」

「ああぁぁぁ気持ちいぃ〜ああぁぁぁ…」

「愛ちゃんのおまんこグヂュグヂュだよ!」

「それでお尻叩いてみな!」

高橋は愛のお尻を叩いた

「ペチンッ!」

「あんっ…」

「ペチンッ!」

「あんっ…」

「ペチンッ…ペチンッ…ペチンッ…」

「あんっ…あんっ…あんっ…」

「あぁ…凄いおまんこ締まる…」

「だろっ?気持ちいぃだろっ?」

「えぇ…最高です!ペチンッペチンッペチンッペチンッペチンッペチンッペチンッペチンッペチンッ!」

「あっあっあっあっあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあん」

「あぁ〜気持ちいぃたまんねぇ〜」

高橋は興奮して愛の腰を持ち激しく突いた

感想

感想はありません。

「ピギャン」の官能小説

女子生徒の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス