官能小説!(PC版)

指8

[2009] 裕貴 2012-12-20投稿
そして次の週僕は前日に綾香さんからメールが来て午後一時にとあるビルの前に立っていた

すると一台の高級車が僕の前に止まりウィンドウが下がると綾香さんであった

「裕貴君こんにちは」

「こんにちは」

「さぁ乗って」

「あっはい…」

運転手さんが降りて来てドアを開ける

「あっどうも」

僕は軽く会釈をし中に入った

綾香さんはドレスのような派手な服を着ていた

「裕貴君その格好じゃ不味いから…吉田!美和さんのお店に向かって」

「かしこまりました」

しばらく車を走らせ高級そうなお店の前で車が止まった

「裕貴君一緒に来て」

「あっはい」

運転手の吉田さんがドアを開け綾香さんと一緒に車から降り後を追うようにお店の中に入った

感想

感想はありません。

「裕貴」の官能小説

人妻の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス