官能小説!(PC版)

指12

[3254] 裕貴 2012-12-20投稿
そして尚も中へ行くとドレスを着た女性と裸でベッドの四方に手足を縛られている女性が目に飛び込んで来た

「絵理子さんこんにちは」

「綾香さんいらっしゃい」

「あらぁもう始めているのですね」

「えぇ久しぶりに綾香さんから紹介して頂けるから興奮しちゃって…そちらの子がそうかしら?」

「はいそうです!裕貴君挨拶して」

「あっはじめまして裕貴です。あのぉそれは何をしているんですか?」

「あらぁ裕貴君分からない?レズプレイよ!この子はあたしの子猫ちゃんで朋美よ!じゃあ裕貴君朋美に身体を綺麗にしてもらいなさい。」
絵理子さんはそお言うと朋美さんの縛られている手足を解き
「朋美、裕貴君の身体を綺麗にして来て」

「かしこまりました絵理子様。では裕貴様こちらへ」

「えっ?」

「さぁ裕貴君朋美さんと一緒に行って」

「あっわかりました」

僕は朋美さんの後に付いて行った

感想

感想はありません。

「裕貴」の官能小説

人妻の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス