官能小説!(PC版)

トップページ >> 近親相姦 >> あるMotherFuckerの記録

あるMotherFuckerの記録

[6138] Ghoulman 2013-07-08投稿
ウチ母子家庭なんだけど母を犯しちゃいました。
その日、母は同窓会で普段全くお酒を飲まないのに飲酒泥酔して、帰ってくるなり玄関で寝ちゃったんですね。
母はパンツスーツ姿だったんですけど、酔っ払っているせいかどういう訳かスラックスの前が開いて下着が見えてるし、いままではちきれそうなぴちぴちパンツの母のお尻に悩殺されてたものだから介抱するふりして母のお尻を撫で回してやりした。母をうつ伏せにしてお尻を突き出させて割れ目に鼻埋めてくんくん嗅いだ時はすげー興奮しました。
それでも起きる気配がないので次第に大胆になって母の太腿を大開きにして股間の割れ目を嗅いだりさすったりしてたんだけど、それでも起きてこないからスラックスと下着脱がして右手で母のマンコをくちゅくちゅ、左手で肛門をぐりぐりしてたらさすがに起きました。
「お母さんにそんなことしちゃダメよ!」とか言ってたけど、こっちはもうギンギンだったから入れて中出ししてやりました。
母は泣いてました。
正直なところ心が痛みましたけど、母を性奴隷にするのが夢だったものですから、泣いている母に覆い被さって顔や髪や乳や腰や太腿など全身を愛撫しつつ、言葉で母を責めました。
悪いのは母さんだよ、と。
酔っ払って帰ってきてこんな所でだらしなく寝ちゃうから。
そして何より、
息子が欲情しちゃうくらいお母さんが美人だから、魅力的だから悪いんだ、と。
ずっと母をオカズにオナニーしてたこともカミングアウトしました。
いや、本当に悪いのは自分ですよ。しかしながら母には罪悪感を植え込んだ方がいいと思いまして。
母の嗚咽も落ち着いてきたようなので、本格的に母の調教を始めることにしました。
抜き取った母のストッキングを股のところで二つに裂いて、暴れる母を押さえ込みながら両手首と両足首を縛り上げまして一週間、母には上半身スーツ姿で下半身は全裸という格好で過ごしてもらいました。

感想

  • 5483:ばか[2013-07-17]

「Ghoulman」の官能小説

近親相姦の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス