官能小説!(PC版)

トップページ >> 人妻 >> 新妻 寝とられ京子2

新妻 寝とられ京子2

[6461] 里緒菜 2014-02-17投稿
京子は大股開きにされ京子のアソコからジュルルジュルルピチャピチャと音が…

京子は駒田にアソコを舐め回されていました

すると大きな物が京子のアソコに擦り付ける様に…

『…あっ…うっ…んんん…』

京子の膣壁を押し開く様にグイグイと奥へ奥へと侵入してきました

駒田は『気付きましたか…大丈夫ですよ…奥さん大変でしたね…大火事になる所でしたよ…料理中に何をしていたんですか?』

『…寝てしまって…』

駒田は『嘘はいけませんよ…』と京子を何度も突き上げました

『ヒィッ…イヤァ…許して…下さい…オナニーをしていました…お願い…』

『奥さん、欲求不満だったんですね…全て任せなさい』


京子は耕平が帰って来てしまうと思いながらもいろいろな思いが入り交じりジェットコースターに乗っているかの様に絶頂の階段を上り詰めていく

その頃、耕平は乗っている電車の路線事故で電車が止まり歩く羽目になていた

京子は駒田に言われるがままに駒田に股がって騎乗位になり腰を振っていると玄関の方でガチャっと音がして耕平が帰って来ました

京子は乱れた着衣を整えながら、勿論ショーツを着ける間もなく耕平に駆け寄り『耕平、大変…ごめんなさい』
『何が?!どうした?』

すると奥から駒田が出て来て『ご主人、もう少しで大火事になる所だったんですよ…ボヤで済みましたけどね…』

耕平と駒田は一時間ぐらい話をしていたでしょうか?耕平は『…ありがとうございます。京子に出来る事なら何でも…ご迷惑をかけたんだから…なぁ、京子』

駒田は『じゃ、奥さんの暇な時にマッサージでも…』

『京子みたいな下手な素人マッサージで良かったらいつでも…なぁ京子』

『えぇ……耕平』

『歩き疲れたから明日聞くよ…もう寝るから…』

駒田は『ご主人、煙の匂いや喉がイガイガで汚れてしまったんでお風呂をお借り出来ますか?…うちのお風呂が使えないので…』

『どうぞ、どうぞ…寝かせて貰うのでお構いもできませんが…疲れてしまってて…後は京子に何でも言って下さい…』

感想

感想はありません。

「里緒菜」の官能小説

人妻の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス