官能小説!(PC版)

トップページ >> 人妻 >> 新妻 寝とられ京子3

新妻 寝とられ京子3

[5034] 里緒菜 2014-02-17投稿
耕平が寝ると駒田は『奥さん、お風呂の用意をしてくれますか』と言いながら京子の耳元で『一緒に入って下さいね』と口調は優しく命じました

京子は『後で行きますから…』と駒田を先に浴室に入れると、耕平の部屋に行き小さな声で『…耕平…こ・う・へ・い…』耕平は背を向けてもう寝息を発てていました

京子は洗面所で耕平に気を使いながら服を脱ぎ…あそこを触って…耕平ではあり得なかった愛液の量に興奮していた

京子は内腿に垂れた愛液を隠す様にタオルで前を隠し浴室のドアを開けると駒田は『洗ってくれますか?』と浴槽の中で立ち上がり京子に見せつけた

京子がタオルにボディーソープを付けていると駒田は『体で洗って下さいよ』と京子のタオルを奪い取って『…もっと足を開いて…まだ何もしないのに濡らして…いやらしい奥さんだ!!』

『いや…そ、そんな…に見ないで…』

『奥さんも煙を吸って汚れてるでしょ?僕も洗ってあげますよ』と言うと駒田は勢いよく出たシャワーの水流を京子の感じる部分に掛け…

京子は相対し泡まみれになりながら絡み合い駒田の肉棒を手で扱いた

京子はだんだん強く握り早く扱きながら『気持ち良いですか?…早くイッて下さい…主人が来てしまいます…』と言いながら駒田の筋肉質の腕の中で駒田の嬉しそうな顔を見ながら耕平より大きな肉棒に感じていました

それは…抑えていた吐息も大きな喘ぎ声になって浴室に…いえ…浴室に反響してエコーになり京子の耳に大きく聞こえていただけで…押し寄せ突き上げる快感に口をついて喘ぎ声が洩れていました

京子の体に浴びせられた駒田の白濁液が飛び散りねっとりした液が滴り垂れた

その夜、京子はまんじりと寝れずに朝『耕平、今日は早く帰って来てね』

『ああ』耕平の声は生返事で耕平は帰ってから…と言いながら避けている様な…

感想

感想はありません。

「里緒菜」の官能小説

人妻の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス