官能小説!(PC版)

トップページ >> その他 >> 叔父との関係9

叔父との関係9

[250] 綾子 2018-05-04投稿
濃厚なキスをしながら、健太郎さんの舌が私の唇の中に侵入しました。私はそれを受け入れ、絡ませながら、キスをしました。しっかりデジカメには映ってます。お互いに激しいキスをしながら、服を脱ぎ合い、ベッドに倒れこみ、再度抱き合いながらキスをしました。健太郎さんはデジカメを取り、私のフェラを間近で撮影しました。私は夢中で健太郎さんのオチンチンをフェラしました。健太郎さんが、「綾子さん。オチンチン美味しい?」と聞いてきました。私は「オチンチン美味しいわ。」と言いました。「誰のオチンチンが?」と健太郎さんが、意地悪な質問をしてきたので、「健太郎さんのオチンチンが美味しい」と答えました。健太郎さんは、「綾子さんのフェラ最高だよ。カリを、サオをもっと丁寧に舐めて」と言ったので私は健太郎さんのカリやサオを健太郎さんを見つめながら舐め回しました。しっかりデジカメに撮られながら。健太郎さんは私の髪を撫でながら、「綾子さんのマンコを舐めたい。」と言いました。私は「いいよ。お願い。」といいました。健太郎さんは、またまた、「誰のマンコを?誰に?」と。私は、「綾子のおマンコを、健太郎さんに舐めてほしい。」と言いました。健太郎さんは、私のマンコを舐め回し舌でクリちゃんを転がし、また摘まんだりしながら攻めてきました。おマンコがかなり濡れてました。健太郎さんは「綾子さんのマンコは感度いいね。ビチョビチョだよ。」と言われました。そして健太郎さんの指マンで大量の潮を吹かされました。ここもしっかり撮られました。

感想

感想はありません。

「綾子」の官能小説

その他の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス