官能小説!(PC版)

トップページ >> 恋愛 >> アルビレオ78

アルビレオ78

[136] エレクチオン 2018-06-29投稿
「もういいでしょ、ナナミ!?」

 そこへ黙って見ていられなくなった真白が堪らず割って入るが彼女としてみればこれ以上、事を荒立てたくはなかったし、それにもし、ナナミがまだ手を出すようならば、彼氏の代わりに今度は自分が受けて立とうと思っていたのである。

「・・・心配しなくていいわ、ビアンカ」

「・・・・・」

 もう決着は着いたもの、とどこか納得したような表情で告げてナナミは、そのまま視線を留火へと向ける。

「大したものね、こんなあどけない顔をしているというのに。それにちっとも本気を出していなかったし・・・」

「あなたもです、学園長」

「え・・・っ!?」

「・・・・・?」

「失礼ですが。あなたの足が万全の状態であったなら、どうなっていたか解りません」

感想

感想はありません。

「エレクチオン」の官能小説

恋愛の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス