官能小説!(PC版)

トップページ >> レズ >> 異世界レズ 少女と幼女の貝合わせ その6

異世界レズ 少女と幼女の貝合わせ その6

[206] マロン☆マロン 2018-07-06投稿
「ああああっ!?ひああああっ。ああああんっ。はあはあ・・・っ!!」

「オホオォォッ!?フウフウ、ヒャアアア、ハアハア・・・ッ!!」

 その度に二人の口からは甲高い嬌声が漏れるがこの時、アーシェもスミレも早くも感じ始めていた、二人の体の相性は良くて体格も動きも合っており、女同士で行う行為のいやらしさに興奮していたのだ。

 何より。

 媚薬効果のある互いの体液を、最も敏感な性器の粘膜から直接体内に取り込んだためにその効果は倍増されて、今や二人の疼きはもう、どうにも止められない所まで来てしまっていた。

「ハアハア、スミレ。スミレエェェェェェッ!!」

「うっひゃあああああああああああああっっっ♥♥♥♥♥」

 突然、アーシェはそう叫ぶと腰を更に前へと押し出し、密着を一層高める。

 そのまま内腿と臀部の筋肉とを小刻みに収縮させて、性器で性器を素早く連続して刺激した。

感想

感想はありません。

「マロン☆マロン」の官能小説

レズの新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス