官能小説!(PC版)

トップページ >> レズ >> 異世界レズ 少女と幼女の貝合わせ その8

異世界レズ 少女と幼女の貝合わせ その8

[212] マロン☆マロン 2018-07-07投稿
「あっひいぃぃぃぃぃぃっっ!!!?く、来る来る。来ちゃうよ、また何か来ぢゃうよおぉぉぉぉぉぉぉーーーっっっ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪」

「あああああああんっ。イ、イクゥゥ。私もイクウゥゥゥゥゥゥゥゥッッッ♥♥♥♥♥」

「うっぎゃあああああああああああああああああああああああっっっっっ!!!!!!!!!?」

 次々とイキ続けるスミレであったがまるで、それに誘発されたかのようにアーシェもまた昇り詰め、蜜壺を激しく戦慄かせる。

 密着したまま収縮するアソコ同士が、まるでキスをするかのように吸い付いて離れず、そこからはチュブチュブ、ブチュウゥゥゥゥゥゥゥゥゥッッッ♥♥♥♥♥と言ういやらしい音と感触とが立ち上って二人の脳髄を痺れさせた、しかし。

「はあはあっ、はあはあっ。あああっ!?いやあぁぁぁーーー・・・・・・っっっ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥ああああんっ!?はあはあ、はあはあ・・・」

「ハアハアッ。フフ、ウフフフッ。ほらぁ、スミレェ。ほらほらほらあぁぁぁっ!!!!!」

「あっぎいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっっっ♥♥♥♥♥」

 その最中すらもアーシェは律動を継続させてまだ未成熟なスミレのアソコを散々に責め立てる。

感想

感想はありません。

「マロン☆マロン」の官能小説

レズの新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス