官能小説!(PC版)

トップページ >> 近親相姦 >> 秘密遊戯 其の十

秘密遊戯 其の十

[57] Ito 2018-08-21投稿
姉が手を伸ばしてチンチンを触る。

「カチンコチンだ!こんなに硬くなるんだね!」
「そのまま握って擦ってみて」
「こんな感じかな?」
「痛たた…もう少し優しく」
「あ、ごめん…こう?」
「そうそう!あぁ…気持ち良い…」
「擦ると気持ち良いの?」
「うん!」

姉が弟のチンチンを擦り、弟が姉の肛門を弄る。
端から見たら物凄い変態姉弟だろう。
実際そうだと思う。

「珠代お姉ちゃんのお尻の穴にチンチン擦り付けて良い?」
「面白そう!やってみて!」

指を抜いてお尻の割れ目にチンチンを挟んで腰を振る。
肛門の上をチンチンが上下に滑り、二人同時に声を上げた。

「「これ良い!」」

感想

感想はありません。

「Ito」の官能小説

近親相姦の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス