官能小説!(PC版)

トップページ >> 近親相姦 >> 秘密遊戯 其の十五

秘密遊戯 其の十五

[69] Ito 2018-08-24投稿
口の中に精子を出されても、表情は変わらずにウットリしている。
しかもゴクゴクと美味しそうに飲んでいる。
精子の勢いが弱くなると、さらに強くチューチューと吸って来る。
そのまま唇でチンチンをシゴくように顔を引いていく。
尿道に残った精子まで綺麗サッパリ吸い出された。

「ほあ…はいはんのへーひ」
「何言ってるか分からないよ…」

少し精子を口に残していたみたいで、顔を上げて口を開けて見せてきた。
舌の上に僕の精子が乗っている。
姉は僕が見た後、口を閉じて精子を飲み込む。

「やっぱり臭いしちょっと苦いけど、舌と喉にコクみたいなのを感じる」
「想像出来ないんだけど…」
「変な味だけど癖になる美味しさって事よ」

どうも姉は精子の匂いも味も気に入ったみたいです。

感想

感想はありません。

「Ito」の官能小説

近親相姦の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス