官能小説!(PC版)

トップページ >> 近親相姦 >> 秘密遊戯 其の十七

秘密遊戯 其の十七

[86] Ito 2018-09-01投稿
「それじゃあ、行ってくるから留守番宜しくね」

母が部屋から出て行く。
腰窓から顔を出して、母の姿が見えなくなるまで見送った。

「大ちゃん、服脱いで!」
「えっ?」
「二人きりだよ?裸で舐め合いっこしよ!」

珠代に促され、急いで服を脱ぎ全裸になる。
お互いに上下逆に横向きに寝転がり、珠代はチンチンを、大介は肛門を舐め合った。

「エッチだね!美味しいね!」

肌の温もりを直接感じながらの行為に、二人とも感動と興奮を覚える。

「大ちゃん、オマンコも舐めてくれる?」

既に愛液でヌラヌラと光るマンコを大介が舐めた。

「うひゃぅ!」
「ビックリした!珠代お姉ちゃんどうしたの?」
「えへへ…気持ち良すぎて変な声出ちゃった…」

感想

感想はありません。

「Ito」の官能小説

近親相姦の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス