官能小説!(PC版)

トップページ >> 近親相姦 >> 僕のお姉ちゃん 3

僕のお姉ちゃん 3

[160]  2018-09-01投稿
「あんたが上手くやればバレないわよ」
つまり彼女の前、またはすぐ近くでお姉ちゃんに奉仕しろって事だ。
どんな事をさせる気なのか不安になっていると彼女が戻って来た。

「彼女の飲み物が減ってるじゃない、早くとってきなさいよ…気が利かないわね」
彼女は「気を使わないで」と言ってくれたけど、僕はジュースを取りに部屋を出ていく。
「私もトイレに」と、お姉ちゃんがついて来た。
ドアを閉めるとお姉ちゃんが僕を拘束する。
「ここで飲みなさい」
そう言ってパンツを脱ぎ、僕にその場で寝るように命令してくる。
横になるとお姉ちゃんが僕の顔に座ってオシッコをし始めた。
零さないように一生懸命飲んだ。
無事に飲み干す事が出来てホッとする。
僕は起き上がると急いでジュースを取りに行った。

そんな感じで、彼女の目が離れた隙を突いてお姉ちゃんが何かを要求してくる。
バレないように必死に要求に応え続けた。
何とか無事に時間が過ぎていき、彼女が帰る時間になった。
送って行こうとしたけど、お姉ちゃんに「手伝え」と言われて断念。

玄関から見送り、その後は部屋に戻って窓から手を振った。
お姉ちゃんにチンコを擦られながら…

感想

感想はありません。

「隆」の官能小説

近親相姦の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス