官能小説!(PC版)

トップページ >> 近親相姦 >> 僕のお姉ちゃん 5月

僕のお姉ちゃん 5月

[161]  2018-09-01投稿
オマンコがチンコに軽く触れる。
「もし入れるのが嫌なら入れなくても良いよ?その代わり射精はさせないけどね」
ここまでにどれだけ我慢させられたか…僕はもう気が狂いそうになっていた。
冷静な判断なんて出来るはずが無かった。
今だってお姉ちゃんがオマンコでチンコを上下に擦ってるんだ。
僕は電話を耳に当てたまま、空いてる手でチンコを握る。
「お?入れちゃうの?近親相姦になっちゃうよ?良いの?」
お姉ちゃんが意地悪な事を言う。
僕は一瞬躊躇した。
「私は良いんだよ?入れても…でも、彼女はどう思うかねえ」
意地悪な言葉の追撃がきた。
そうだ…今電話してる相手は大事な彼女だ。
お姉ちゃんとセックスなんてする訳にはいかない。
でも…射精したい!
少しチンコを突き出せばオマンコに入る。
でも入れられない…

「あと5秒…時間切れになるよ?そしたら射精はさせない」
お姉ちゃんは悪魔だ…。
制限時間があるなんて言ってなかったじゃないか!
「5…4…3…」
カウントが進んでいく。
悩んでる時間なんて無い…
僕は一思いにチンコを突き刺した。
「あははは!本当に入れたよこいつ!」
お姉ちゃんの高笑いが部屋に響いた。

感想

感想はありません。

「隆」の官能小説

近親相姦の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス