官能小説!(PC版)

トップページ >> 人妻 >> 沙織2

沙織2

[56] 慎一郎 2019-02-27投稿
私は、沙織の気持ちは充分わかるが、沙織が望めば、かまわないから。と言った。沙織は、わかったわ。考えさせて。と言いその日はそれで会話が終わった。それから3日後、沙織が、ねぇ。あなた、この間の話なんだけど、あなたが望むのなら私いいわよ。と言ってきた。私は、そうか。わかった。早速サイトに掲載してみるよ。と私は言った。沙織は、出来ればあなたと同じ境遇の男性つまり、子種ない男性がいいなぁ。あなたと同じ苦しみをもった男性の気持ちがわかるから。年齢は問わないわ。と言ってきた。私は、わかったよ。沙織の条件見合うような男性を選ぶから。なんなら沙織一緒にに選んでみるか?と私は言った。沙織は、そうね。その方が安心かも。と言った。私は沙織の条件をサイトに掲載してした。沙織は私に、嫉妬しないでよ。私はあなたを愛してるから。と。私は、勿論俺も沙織を愛してるよ。と言った。それから毎日の様にサイトを沙織と閲覧したが、なかなか見合う男性が現れなかった。そして、1週間過ぎた頃に、私、沙織お互いに、意見が一致した男性からのメールが届いた。沙織は、この男性となら、ひとまず、会ってみようかな。と言ってきた。

感想

感想はありません。

「慎一郎」の官能小説

人妻の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス