官能小説!(PC版)

トップページ >> 人妻 >> 沙織3

沙織3

[67] 慎一郎 2019-02-27投稿
私達夫婦同席で土曜日昼間、待ち合わせの喫茶店に行くと男性は既に待っていた。私が、山本さんでしょうか?と男性に聞くと、はい。山本です。福田さんですか?と。私は、はい。福田です。となりにいるのが、妻の沙織です。と言うと沙織は。はじめまして。沙織です。と山本さんに会釈した。私は、立ち話も何ですから、座りまししょう。と言ってお互いの話をした。男性は改めまして、山本祐一です。53歳(当時)と言い、名刺を私達夫婦に渡した。私達夫婦は驚いた。名刺には、私達夫婦でも聞いた事ある地元有数企業の常務取締役と記載されていた。私は、なぜ貴方の様な企業の取締役の方が、今回の様な事に?と。聞いてみた。すると山本さんは、私も妻と結婚して30年近くになりますが、私達夫婦も私に子種がなく子供がおりません。私は若いときから、がむしゃらに働いて今に至りました。妻は逆に私が働き過ぎてそんな身体(種無し)になってしまったのではないかと思ったそうです。私に責任あるにも関わらず、妻はそう言ってくれました。更に妻は、多少の女性との交際は目をつぶります。揉め事にならなければ、許しますから。と妻公認だと。山本さんは、私も世間体ありますから、奥さんを困らせる様な事はしませんし、福田夫婦を壊す様な事もしませんから。ご迷惑はかけませんから。もし、嫌になれば私は会いませんから。と。更に山本さんは総合病院と大学病院での子種がない証明する診断書を私達に見せてくれました。

感想

感想はありません。

「慎一郎」の官能小説

人妻の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス