官能小説!(PC版)

トップページ >> 人妻 >> 沙織7

沙織7

[50] 慎一郎 2019-02-27投稿
私の朝食を作り仕事に行く前に、私は沙織に、今日もさんと沢山楽しんでセックスしてきなよ。と言った。沙織は、うん。山本さんと楽しんでくるね。慎ちゃんもお仕事頑張ってね。と言ってキスをして出掛けた。私は会社について仕事をなんなくこなしていた。昼休みに沙織にメールをした。沙織からは今は山本さんとランチしてる。午前は車中で、フェラ抜きしたわ。午後からはラブホに行くよ。と返信がきた。私は午後からも楽しんでね。と返信して、午後からの仕事に励んだ。その日は仕事が夜7時過ぎまでかかり8時前に家路に就いた。沙織は既に帰宅していた。私は、ただいま。沙織はお帰り。お仕事お疲れ。と。私は風呂を済ませて夕食を食べなから沙織の今日の報告を聞いた。沙織は、山本さんの運転中に山本さんのスラックスのチャックをおろして、肉棒を取り出しフェラをしたと。フェラして山本さんが、沙織さんイク。と言ってそのままザーメンを沙織の口に出されたらしい。沙織は口内からザーメンを手に出してティッシュで拭き取ったと。それからランチして、ラブホでお互いに絡み付くようにセックスしたと。今日は時間があまりなかったから1回だけ。でも、今日は中出しさせたわ。私が中に出して。と言ったの。山本さんは、沙織さん、本当にいいの?中に出しても。と言ったから。私はうん。いいよ。旦那も中出しさせてあげなよ。と言われたからね。と。山本さんは、嬉しいよ沙織さん。中に出すよ。イクよ。イク。と言って沙織の中に出されたわ。と言った。山本さんは、凄く気持ちよかったよ。と。また近いうちに会いましょう。と言われたわ。私もうん。また会いましょう。と言ったわ。と沙織から報告を受けた。私は、また山本さんと会うときは報告してね。と沙織に言った。

感想

感想はありません。

「慎一郎」の官能小説

人妻の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス