官能小説!(PC版)

トップページ >> 人妻 >> 沙織10

沙織10

[55] 慎一郎 2019-02-27投稿
今日も凄く楽しかったわ。会ってまずは車内で、キスしたの。ディープキス。舌をいっぱい絡ませたわ。祐ちゃんは私の服の上から胸を揉みながら沙織。沙織。と言ってスカートの中に手を入れてショーツの脇からアソコに手を入れてきたわ。私感じちゃった。祐ちゃんが、沙織のアソコもうこんなに・・・。と言われちゃった。そこでひとまず終わって。ドライブしながら隣県のショッピングモールに着いて、ウィンドショッピングしたの。沙織から祐ちゃんの手を繋いで歩いたわ。そして、服を買ってもらったわ。あとはショーツ濡れたから下着欲しいと言って祐ちゃんと一緒に下着を選んだわ。祐ちゃん最初は恥ずかしいから俺はいいよ。と言ったけど沙織が無理やり下着コーナーまで連れて行ったわ。そして、気になる下着が2セットあったから迷ってたら、祐ちゃんが、2セット買ってあげるから。遠慮しないで。と。私祐ちゃんに甘えて下着上下2セットゲットしたわ。そして、これ見て。と沙織が言って胸元を見るとペンダントを買って貰っていた。俺は、沙織、いくら何でもそれはダメだろう。値段は?と聞くと、確か5万円位だったかな。私がジュエリーコーナーで見ていたら、気になるのあるのかい?と祐ちゃんが。私が、うん。このペンダントね。でもちょっと高いからね。と言うと、祐ちゃんが定員さんを呼んで私に身に付けさせてくれないかな?と言って定員から付けてもらったの。すると、祐ちゃんが、沙織凄く似合っているよ。と言って定員さんに身に付けた状態でいいから購入します。と言ってカードを定員さんに渡したわ。私は本当にいいの?と聞くと、ペンダントが沙織を選んでくれたんだよ。離したらダメだろう。と言ったの。私思わず涙が出そうになり、祐ちゃんにありがとう。凄く嬉しい。と言ったわ。

感想

感想はありません。

「慎一郎」の官能小説

人妻の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス