官能小説!(PC版)

トップページ >> 人妻 >> 沙織11

沙織11

[57] 慎一郎 2019-02-27投稿
そして、ランチをして今度は祐ちゃんが服を見たいと言ったから一緒に紳士服コーナーに行ったの。そしてお気に入りの服があったからちょっと離れた試着室に行ったの。定員さんに私、娘なので一緒に試着室に入ってもいいですか?と聞いたら定員さんが、はい。いいですよ。また声を掛けて下さいね。と言って定員さんが離れたの。私は祐ちゃんと試着室に入り祐ちゃんの服を見定めてあげた。私は祐ちゃん似合ってるよ。と言うと、ありがとう。沙織が言うならこれを買うか。と言って服を脱いだ時に私祐ちゃんのオチンチンを出してフェラしちゃった。祐ちゃんは驚いた様子で、沙織、ここはマズイよ。人が来たらダメじゃないか。と言ったの。私は、大丈夫よ。定員さんもいないし、客の声もしないから。黙ってて。と言って祐ちゃんのオチンチンをフェラの続きをしたの。祐ちゃんは最初は驚いていたけど、観念したのか、小声で、沙織気持ちいいよ。沙織の口の中温かいよ。沙織こっちを向いてごらん。と言って私は祐ちゃんの顔を見ながらフェラしたわ。祐ちゃんは、沙織。沙織。と言って私の頭を両手で押さえてピストンを速めたわ。そうしていると、祐ちゃんが沙織イキそうだよ。出るよ。出すよ。といい。私の口の中に出したの。私は祐ちゃんのオチンチンを吸い付くして祐ちゃんのザーメンを飲み干したわ。私は、祐ちゃんのザーメン美味しかった。ご馳走さま。と言ったの。祐ちゃんは、沙織、凄く気持ちよかったよ。まさか試着室でフェラだなんて。と言い試着室を後にして服を購入したよ。

感想

感想はありません。

「慎一郎」の官能小説

人妻の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス