官能小説!(PC版)

トップページ >> 人妻 >> 沙織13

沙織13

[50] 慎一郎 2019-02-27投稿
山本さんが、何でしょうか?と聞いてきた。私は、ダメ元でお願いしますが、近いうちに沙織とセックスするときに山本さんと沙織のセックスの姿が見たい。ビデオ撮影して欲しい。沙織とのセックスを電話で聞かせて欲しい。つまり、テレホンセックス。あと、私の家で沙織とセックスして欲しい。私は別室にいますから、覗いたりはしません。あと、山本さんと、山本さんの信用出来る男性と沙織との3Pをして欲しい。この4つを提示しました。山本さんは、福田さん冗談でしょ?いくらなんでも。と言われました。でも私の電話越しの熱意が伝わったのか最後は、福田さんがそこまでおっしゃるのであれば、わかりました。3Pの相手も私同様、社会的立場のある男性を厳選します。沙織さんは何と?と聞いてきた。私は、沙織には伝えております。沙織も了承しました。3Pは初めてになりますが、福田さんと男性で沙織を気持ちよくしてあげてください。よろしくお願いします。と私は山本さんに伝えた。山本さんはわかりました。そのときは連絡しますね。と言い電話を切った。それからは、最初は2週間に1回会ってセックスしていた山本さんと沙織であったが、次第に会う間隔が短くなり、1週間に1回、4日に1回、まれに、3日連続で会ったりして山本さんは沙織を抱いた。それでも私達夫婦は普段の会話やセックスを楽しんでいた。私も山本さんに負けない位のセックスを沙織と楽しんだ。沙織も慎ちゃん大好きよ。と言ってセックスも以前より積極的になった。そうしているうちに、山本さんから電話があり明日沙織と会って、私の願いの一つの二人のセックスを電話で聞かせるとの事。私は楽しみにしてます。と言った。

感想

感想はありません。

「慎一郎」の官能小説

人妻の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス