官能小説!(PC版)

トップページ >> 人妻 >> 沙織17

沙織17

[59] 慎一郎 2019-02-27投稿
風呂から上がりリビングに座り、早速DVD再生をした。画面に映し出させれる沙織と山本さん。ラブホのベッド越しに三脚で固定して二人はすでに服は脱いでお互いに下着状態。山本さんから背後から沙織の胸を揉みながら下着の中に手を入れ、沙織が背後見ながら山本さんとキス。ディープキス。舌を絡ませながら吐息をだしながらキスをしている。山本さんの左手は沙織の胸を、右手は沙織のアソコを触りはじめる。沙織は吐息を吐きながら体をくねらせている。山本さんが、沙織感じてる?アソコビチョビチョだよ。ほら。と言って右手をアソコからだして沙織の口元付近に。沙織は、祐ちゃんの指使いが、気持ちいいからよ。と言い山本さんの右手を舐める。山本さんは沙織の赤の下着を脱がせると、沙織の張りのある、ツンと突き出た胸がビデオの前に現れた。山本さんは、沙織の胸は、いつみても美乳で綺麗だよ。乳輪も綺麗だよ。と言いながら沙織の胸を舐めはじめた。そして、沙織も山本さんのトランクスを脱がせると勢いのいいオチンチンを右手で上下に動かしていた。山本ささんは、沙織、いつもの様にフェラしてくれないかな?と言った。沙織は、うん。いいよ。といいビデオ画面の方にお尻を突きだしてフェラする沙織が写った。山本さんが三脚からビデオカメラを手にとり沙織のフェラ画像に切り替えた。沙織は山本さんのオチンチンを美味しそうに、まるで棒アイスを舐めるようにチュパチュパいいながらフェラしていた。山本さんは時折沙織に画面見るように言っていた。沙織はビデオカメラをみながら上目遣いでフェラしていた。そして、いよいよセックス。

感想

感想はありません。

「慎一郎」の官能小説

人妻の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス