官能小説!(PC版)

トップページ >> 人妻 >> 沙織18

沙織18

[58] 慎一郎 2019-02-27投稿
山本さんがビデオカメラ持ちながらのセックス。いわゆるハメ撮りでセックスをはじめた。画面があまり固定されないが、これがまた臨場感を引き出した。沙織の揺れる胸。突かれる度に悩ましい声をあげる沙織。山本さんが左手で沙織の引き締まったウエストを固定してのセックス。山本さんが、沙織、上になって。と言い、体勢を替えて沙織が、上になり騎乗位、山本さんが、沙織もっと腰を振ってごらんよ。いつもの様に。と言うと沙織は、自ら更に激しく上下に腰を動かしてきた。沙織いいよ。凄く気持ちいいよ。沙織は?と山本さん。沙織は、私も凄く気持ちいいわ。と言いながら更に腰を振っていた。そして、次はバック、沙織をバックから突き上げる度に沙織は吐息を吐いている。左手で沙織の両胸を交互に揉みながら山本さんが更にピストンする。そしてまた正常位に。お互いにキスをしながら、正常位。山本さんが、沙織に、旦那さんと私のセックスどっちが、気持ちいい?答えて?と聞いた。沙織は、旦那も祐ちゃんもどっちも気持ちいいわよ。と。しかし山本さんは、それでは答えになっていないよ。沙織、ちゃんと答えて。と言った。沙織は、観念したのか、祐ちゃんよ。祐ちゃんのセックスが旦那より気持ちいいわ〜。はあっ。祐ちゃんもっと激しく突いて。と沙織が、言った。山本さんは、沙織ありがとう。嬉しいよ。沙織を満足させてあげるからね。ほら。どうだい?と更に沙織の奥深くまで肉棒を突き刺した。沙織は、奥まで当たる。祐ちゃんのオチンチン奥まで当たってきもちいい〜。と言っていた。

感想

感想はありません。

「慎一郎」の官能小説

人妻の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス