官能小説!(PC版)

トップページ >> 恋愛 >> 沙織23

沙織23

[119] 慎一郎 2019-02-27投稿
沙織と山本さんが休憩していると、私のスマホに電話が鳴った。会社の部下からだ。何でも契約に落ち度があり、もめてるらしい。私は、沙織と山本さんに事情を説明し、会社に出向いた。二人には家で好きに使ってくれ。と言い残して。私は会社て契約に関する事を相手先と話し合い、なんとか収集がついた。それから、私は家に着いたのは夜9時を回っていた。家に着くと、沙織がリビングで私を待っていた。私はあれからの事が気になり沙織に聞いてみた。沙織からの報告によると、私が出てから、あらゆる場所でセックスをしたらしい。台所、玄関、お風呂場、終いにはリビングで。お風呂場で顔射された以外は中だしされた。との事。私は改めて山本さんの絶倫さと、体力の凄さに思い知らされた。沙織も流石に後半は身体が持たないわ。と思ったらしい。その位、山本さんのセックスは凄かったと。私はすぐに山本さんに電話をした。今日は途中で家を出てしまい、申し訳無かったと。言うと、山本さんは、いや、逆に福田さんが家に居なかったからこそ沙織と色々な場所で気兼ねなくセックスできました。と言われた。私は、今度、私が仕事で出張の時は、家に来て沙織とセックスして下さい。と言った。山本さんは、それは嬉しいです。そのときは連絡待ってます。と言った。俺は、わかりました。必ず連絡します。と言った。

感想

感想はありません。

「慎一郎」の官能小説

恋愛の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス