官能小説!(PC版)

トップページ >> 人妻 >> 沙織27

沙織27

[83] 慎一郎 2019-02-28投稿
翌朝、目覚めるとまだ沙織は寝ていた。私は沙織を起こさない様に起きてリビングに向かった。寝起きに水を一杯飲みリビングに置いていたスマホを見ると着信の光る色が点滅していた。私はスマホを手に取ると、山本さんからのメールだった。夜中に送信されていた。内容は、今日は沙織と中山さんとの3Pセックス凄く気持ちよく楽しい時間を過ごしました。ありがとうございました。中山さんも大喜びでした。中山さんは、また沙織さんとセックスしたい。今度は二人きりで会ってセックスしたい。とまで言っていましたよ。との内容でした。そして4枚の写メが添付されていました。1枚は沙織と中山さんのセックス写メ、2枚目は山本さんと沙織のセックス写メ、3枚目は中山さんのアソコが沙織のアソコ、山本さんのアソコが沙織の口内、4枚目は沙織のアソコから溢れてるザーメン、の4枚の写メでした。私は写メを見て、3人楽しいセックスが、出来たみたいでよかったな。と思い、山本さんにメールの返信をしました。暫くすると山本さんから返信がきました。昨日は本当に楽しいセックスでした。中山さんが4回、私が5回沙織にザーメン放出したとの事でした。新たに写メが送られ、沙織の顔に顔射されている写メでした。おそらく二人分のザーメンだと思われる大量のザーメンが沙織の顔面に覆われていました。私は、写メありがとうございます。沙織はまだ寝ていますが昨日は満足したと思います。と返信した。山本さんからすぐに返信がきた。沙織も満足そうでしたよ。あと、私も沙織との関係を続けたいが中山さんの事どうですか?考えてみてもらえますか?中山さんも沙織を大変気に入ったみたいです。中山さん悪い人ではないです。信頼できます。私が保証します。と。私は、山本さんがそこまで信頼されているなら私は構いません。中山さんの電話番号とメールアドレス教えてもらえますか?と返信した。山本さんからすぐに中山さんの電話番号とメールアドレスが掲示されたメールがきた。私は、では中山さんに連絡してみます。と返信した。山本さんは、ありがとうございます。よろしくお願いします。と、返信してきてそこで山本さんとのやりとりは終えた。

感想

感想はありません。

「慎一郎」の官能小説

人妻の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス