官能小説!(PC版)

トップページ >> 人妻 >> 沙織32

沙織32

[99] 慎一郎 2019-03-08投稿
沙織は1日の行動を話してくれた。裕くんの車に乗って公園について二人であるいたのね。最初は距離を少し置いて歩いていたけど裕くんから私に近づいてきて密着して歩いたわ。そして裕くんの右手が私のウエストを支えて歩いてたの。そしたら次第に裕くんの右手がウエストからお尻に移動してお尻をソフトタッチされながら歩いたわ。たまにお尻を撫で回しながら。歩きながら裕くんが私の耳元で、沙織凄く綺麗だよ。と言ったわ。そして公園を歩き終わり車に乗ってランチに行ったわ。私が慎ちゃんに電話した時間。フランス料理だったわ。凄く美味しかった。個室だったからマナー違反だろうけど、お互いに口に料理をフォークやナイフを使って食べさせたりもしたわ。合間にキスもしたわ。ランチ終わってショッピング。ほら、見て。この財布。裕くんに買ってもらった。結構な額したけど、買ってくれたわ。それから、裕くんとラブホでセックス。2回したわ。中だしと顔出し。どっちも、ザーメン大量に出してたわ。あと、今日は裕くんの指でイカされたわ。潮吹いちゃったわ。シーツが水浸しに。当然、裕くんのセックス凄く気持ちよかったよ。とても50代とは思えない腰振りや、激しいピストンだったよ。祐ちゃんもそうだけど、50代の男性って精力あるわ。元気よ。そして、ラブホでのセックスを終わって、夕食は、料亭で、料理頂いたわ。凄く美味しかった。夕食食べ終わり、夜の街を歩いて、車に乗って帰ってきたわ。と、沙織から1日の行動を聞いた。俺は家の前で抱きあってキスもしたでしょ。と言ったら、やだっ。見てたの?と沙織。 親近感あっていいじゃないか。と俺は言い、また中山さんと会うんだろ?と聞くと、うん。また、近いうちに会いたい。と、言われたわ。祐ちゃんと裕くん、ちゃんと交互に会わなきゃね。と沙織。そうだね。と俺。また明日から1週間はじまるから今日は寝ようと言って、俺と沙織は寝室で密着して眠りについた。

感想

感想はありません。

「慎一郎」の官能小説

人妻の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス