官能小説!(PC版)

トップページ >> 人妻 >> 沙織34

沙織34

[108] 慎一郎 2019-03-09投稿
仕事中、沙織や山本さんからメールが届く。今ここだよ。とか、何々をしてます。と、私は楽しんでね。と簡単なメールを送信した。そして、午後4時前に沙織からのメール。今、旅館に着いたよ。と。私は、ゆっくり温泉入ってセックス楽しんできな。と沙織に送信。沙織からは、ありがとう。慎ちゃん。チュッ。と返信。私は引き続き仕事を行った。今日は残業になりそうなので、暫く職場での仕事に。そして、夕方6時前に山本さんからメール。沙織と一回戦終了しました。中出し。と。私は、夜は長いので沙織と沢山セックスして楽しんで下さい。と送信した。山本さんは、わかりました。では。と返信がきた。そして夜8時近く残業が終わり私は家路に着いた。簡単な夕食を済ませ私はビールを飲み、寝室に行き、いつの間にか眠りについていた。朝方5時前に目が覚め、スマホを見ると、メール着信のオンパレードだ。山本さん、沙織からだった。内容は、色々文面があったが写メも送られていた。旅行先での風景画が多かったが、山本さんと沙織の仲良く写っているツーショット写メや、沙織と山本さんのキス写メ、沙織の全裸写メ、フェラ写メ、正常位でよがる沙織の写メ、騎乗位で攻める沙織の写メ、バックで突かれる沙織の写メ、沙織の中出し写メ、沙織の顔射写メ、セックス後にピースサインをしてる沙織の写メ等々、かなりの写メが送られてきた。俺はその写メを見て自然とアソコに手を触れていた。すると、メール着信音がなった。山本さんからだ。今、沙織とモーニングセックスしてます。私と沙織、相変わらずセックスに夢中で、7回戦突入です。とのメールだった。その内容と写メを見てアソコの収まりがつかず俺は大量のザーメンを放出した。そして興奮冷めぬまま、俺は朝食を食べ、ちょっと早めに職場に向かった。

感想

感想はありません。

「慎一郎」の官能小説

人妻の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス