官能小説!(PC版)

トップページ >> 人妻 >> 沙織35

沙織35

[158] 慎一郎 2019-03-09投稿
仕事をしていた10時過ぎに沙織からメールがきた。今、旅館を出たから。夕方には家に帰るね。あと、送った写メ見た?昨日、今日沢山楽しめたよ。今から帰るけど祐ちゃんとラブホに寄ってから帰るね。との内容であった。俺は、解った。写メ見たよ。沙織かなり楽しそうだったね。セックスも盛り上がったみたいで。今からラブホでセックスだ。楽しんできなよ。と送った。沙織から、うん。解った。またね。チュッ。と返信がきた。沙織と山本さんは今からラブホかぁ。沙織もそうだけど、山本さんの絶倫には脱帽だ。おそらく昨日今日で、10回以上は出してるはずだ。と思うと、50代パワーを見せつけられている様に感じた。そうしているうちに、あっという間に夕方になり仕事を終え俺は家路に向かった。帰ると家の灯りがついていた。ただいま。と俺。おかえり、お仕事お疲れ様。と沙織。俺は夕食を準備している沙織に、楽しい温泉旅行でよかったね。と言った。沙織は、うん。凄く楽しかったわ。慎ちゃんありがとね。と言い沙織は俺の頬にキスをした。俺は、お風呂から先にするわ。と言って荷物を置き浴室に向かった。浴室で服を脱いで洗濯機に入れていると沙織のショーツが見えた。俺は不覚にも沙織のショーツを取り出した。沙織のショーツのおそらくアソコ付近であろう部分はかなり湿っていた。俺はショーツ越しに指マンで濡らされたんだ。と思った。そんなショーツが洗濯機を見ると、3、4枚あった。この旅行で沙織は山本さんにかなりイカされたんたな。と思った。そして俺は風呂に入り、今日1日の疲れを癒し風呂から上がり浴室を出た。リビングに戻ると夕食が出来ていた。沙織は椅子に座って待っていた。お互いに缶ビールで乾杯して夕食を食べ始めた。やはり沙織がいる食卓はいいな。と改めて感じた。

感想

感想はありません。

「慎一郎」の官能小説

人妻の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス