官能小説!(PC版)

トップページ >> 人妻 >> 沙織38

沙織38

[119] 慎一郎 2019-03-17投稿
沙織は、裕くんの車に乗って、公園に着いたの。二人で歩いていたら裕くんが、沙織、野外露出って知ってる?聞いてきたの。私は、週刊誌とかで見たり聞いたりはあるよ。と言ったの。そしたら裕くんが、沙織を野外露出させてみたいんだ。と言ったの。私は、裕くん、無理無理。人が来たらヤバいし、見られたら嫌だわ。と言ったのね。そしたら裕くんが、誰も来やしないよ。今だって誰とも会わなかっただろ。ここは滅多に人が来ないから大丈夫だよ。この綺麗な青空の太陽の下で沙織をさらけ出させたいんだ。と。私は。無理だよ。恥ずかしい。と言ったの。でも裕くんは、大丈夫だよ。絶対来ないから。青空の下で沙織を見たい。と。私は悩んだわ。裕くんは、大丈夫だから。ねっ。と。私は、う〜ん。でも。って言ったら裕くんが、絶対大丈夫だから。人は来ないから。と言ったの。私は観念して、わかったわ。と言ったの。裕くんは、沙織ありがとう。沙織、ブラをずらしてごらん。沙織の豊満なおっぱいを青空の太陽の下に出して。と言われたわ。私はカーディガンを脱いでキャミソールをずらし、ブラをずらして両胸を出したわ。裕くんは、沙織、素晴らしいよ。太陽の光に映える見事なおっぱいだよ。と言って写メしてたわ。私は恥ずかしい。と言ったけど裕くんは、そんな事ないよ。凄く綺麗だよ。沙織今度はショーツをずらしてみて。と言ったわ。私はミニスカをずらしてショーツを膝下までおろしてヘアーが見える様に。裕くんは、沙織のヘアー綺麗だ。ちゃんと手入れが行き届いて美しいよ。と言って写メ。裕くんは色々と誉め言葉を並べていたわ。そしたら裕くんが、沙織我慢出来ないよ。と言って、私を抱いて私を後ろに向かせてそのままバックでセックスしたわ。野外セックス初めてしたわ。裕くんも野外セックス初めてみたいだったから、凄く興奮したみたいで挿入して5分位で沙織の中に出したわ。それから、公園を出てランチして、ラブホでセックス。2回したわ。今日も中だしと顔出し。沢山出されたわ。そして、帰ってきたわ。と沙織から報告を受けた。私は沙織に、野外露出や野外セックス気持ちよかった?と聞いてみた。沙織は、最初は絶対無理って思ったけど、裕くんの巧みな話術や、青空の太陽の下での開放感もあって、そんな気持ちになったわ。気持ちよかったよ。と沙織は言った。私は、新たな沙織を発見できたんじゃない?と言った。沙織は、そうね。と言った。私はまた野外露出、野外セックスをしてみなよ。山本さんともしてみたら。と言った。

感想

感想はありません。

「慎一郎」の官能小説

人妻の新着官能小説

新着官能小説作品

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス