官能小説!(スマートフォン版)

指17

[3945] 裕貴 2013-01-03投稿
「あぁ〜」

僕は絵理子さんの指を見ながら思わず声をあげてしまった

絵理子さんは僕の後ろにまわり後ろから抱きしめるように両手で僕の身体を弄り耳元で

「どうしたの?裕貴君、うふっ良い身体してるわねぇ…たまらないわぁ」

絵理子さんは身体中を指で弄りながら僕の耳を口に含んだ

「うっ…あぁ〜え、絵理子さん…」

僕のチンコは瞬く間にビンビンになった

「裕貴君感じやすいのね可愛いわぁ」

絵理子さんの手は僕の下半身へと下りてきた

感想

感想はありません。

「裕貴」の官能小説

人妻の新着官能小説

利用規約 - サイトマップ - 運営団体 - PC版へ
© TagajoTown 管理人のメールアドレス