官能小説!(スマートフォン版)

トップページ >> その他 >> 叔父との関係5

叔父との関係5

[219] 綾子 2018-05-03投稿
それから暫くして、今度は浩ちゃんの願望プレイの1つ、野外露出を実行することにしました。季節は夏から秋に向かってました。私は全裸に薄手のコートを羽織った状態です。最初は森林でした。「綾子、コートを脱ぎな。」と言われコートを脱ぎ全裸になりました。浩ちゃんは全裸の私をカメラに収めてました。以外と全裸は新鮮で、風が気持ちよく爽快でした。次は近くのパチンコ店の屋外駐車場でコートを脱ぎ全裸になりました。ここでも色々なポーズを取りました。最後は小さな公園に行きました。ブランコに乗りコートを脱ぎ全裸になりました。そしてコートを着て車に向かう途中でベンチに座る見た目60代の男性がいました。すると浩ちゃんが、「綾子、あの男性に向かってコートを脱いでくれるか?」と言いました。私は「無理よ。もし通報でもされたらどうするのよ。」と言いました。浩ちゃんは、「そしたら俺が話をしてくるから、もしOKだったら、両手でマルの合図だすから。どう?」と、言いました。私は、それなら。と言いました。浩ちゃんはすぐに男性に近づき説明していました。すると浩ちゃんから、マルの合図が来ました。私は、その男性の前に立ち、コートを脱ぎ全裸になりました。男性はビックリした表情をしていましたが、凄く満足そうでした。そしてその場を去り、浩ちゃんの願望の1つを叶えました。

感想

感想はありません。

「綾子」の官能小説

その他の新着官能小説

利用規約 - サイトマップ - 運営団体 - PC版へ
© TagajoTown 管理人のメールアドレス