官能小説!(スマートフォン版)

トップページ >> 人妻 >> 同窓会で担任の先生と1

同窓会で担任の先生と1

[409] 優香 2018-05-04投稿
今日は高校のクラスの同窓会。私は優香。26歳になり今回初めてのクラスの同窓会か開催される事になりました。その間に私は2つ上の職場の男性と知り合い結婚退職し、今は専業主婦てす。今日は久々にクラスの面々との再会。当時の思い出に花が咲くと期待して会場に向かいました。会場に着くと懐かしい顔ぶれ。今でも頻繁に会う女友達や高校以来に会うクラスメイト、あちこちから結婚しただの、まだ独り身だの、子供がいるだの、仕事がどうだの、久々に会うクラスメイトは話が尽きないみたい。そんな中、当時の担任だった田中先生の姿が見えた。先生は当時34歳の社会の先生。だから今は42歳。私は、「田中先生。お久しぶりです。覚えてます?橘優香です。今は結婚して名字は変わりましたけど。」と言うと先生は、「勿論覚えてるぞ。橘だな。忘れ物したら、ほっぺを軽く叩く橘だろ。」当時の私は忘れ物すると、すぐにほっぺを叩く癖がありました。今でもそれは続いてます。「先生、覚えててくれたんだ。嬉しい。」と、私は言いました。先生は「そりゃ覚えてるよ。忘れるはずないだろ。」と言われました。私は先生と当時の話に盛り上がりました。仲の良かった女友達からは、「先生、優香高校のときは田中先生憧れだったみたいだよ。」と言われ私は思わず赤面しました。先生は、「こら、からかうな。橘も困ってるぞ。」と言うと女友達は笑いながらその場を去りました。私は再度先生とまた色々な話をして今の先生の状態や私の状態を教えました。そして、楽しいクラスの同窓会が終わり、二次会にいく事になりました。

感想

感想はありません。

「優香」の官能小説

人妻の新着官能小説

利用規約 - サイトマップ - 運営団体 - PC版へ
© TagajoTown 管理人のメールアドレス