官能小説!(スマートフォン版)

トップページ >> 人妻 >> 女子高生里奈2

女子高生里奈2

[112] 里奈 2019-03-08投稿
水曜日の夕方6時30分。私は学校の授業が終わり補習を終えると、待ち合わせの場所に向かった。6時30分になっても智之さんらしき男性はいない。私は待ちぼうけをされたかと思っていた矢先、里奈ちゃん?と1人の男性。智之さん?と私。ごめんね。待った?と智之さん。私は大丈夫。私も丁度今着いたから。と言った。里奈ちゃんはじめまして上野智之です。と挨拶。はじめまして、川崎里奈です。と私。立ち話も何だし、よかったら軽く食事しない?と智之さん。私はうん。と頷いて智之さんの後に付いていった。スパゲティの店に付くと注文した。私と智之さんは話で盛り上がった。里奈ちゃんのセーラー服姿似合ってるよ。とか笑顔が可愛いとか言われたり。智之さんこそ、30代に見えるとか、かっこいいとか私は言った。実際、本当に私好みの男性だった。容姿、スタイル、仕草等、智之さんだったらエッチも有りとこのとき思いました。智之さんも、里奈ちゃんが良いならセックスまで。と、このとき思っていたみたい。そしてその日は食事を終えると、お互いに手を振って帰った。次は2週間後の日曜日に会う約束をした。それまでは、メールや、電話でのやりとりになったが、とても楽かった。

感想

感想はありません。

「里奈」の官能小説

人妻の新着官能小説

利用規約 - サイトマップ - 運営団体 - PC版へ
© TagajoTown 管理人のメールアドレス