官能小説!(スマートフォン版)

トップページ >> 人妻 >> 沙織37

沙織37

[109] 慎一郎 2019-03-17投稿
仕事中に、中山さんからメール。今、沙織と、小高い場所にある公園に来てます。今から沙織に例の件を聞いてます。またメールします。と。来た。私は頑張ってください。と返信した。それから、中山さんからのメールを待てど待てど来ない。失敗したのか。と俺は思った。しばらく仕事をしていたら、沙織からメール。慎ちゃんお仕事お疲れ様。裕くんとデートしてるんだけど、今日は初めての体験しちゃったわ。詳しくは帰って言うね。との内容だった。俺は、沙織は野外露出したんだ。中山さんの誘惑に負けたんだな。と思った。すかさず中山さんからメール。沙織を野外露出させる事が出来ました。最初は、びっくりされましたが、私が上手に説得と言うか上手に諭す様に言ったら沙織も最後は了承してくれました。あと、それどころか野外露出プラス野外セックスしました。と。更にメールに写メ付きで3枚。1枚目は、沙織がレモンイエローのブラをずらして両胸がさらけ出された写メ。2枚目は、レモンイエローショーツをずらしてヘアー丸見えの写メ、3枚目は、沙織が大木に両手をついて中山さんがバックからセックスしてる写メの3枚送られてきた。まだまだ写メ撮りましたからまた送ります。今から移動してラブホに行きます。沙織とまたセックスします。とメール内容だった。私は、沙織は野外露出にも目覚めたんだな。と思ったのと同時に中山さんの積極的な行動に脱帽だった。そして、仕事を終え7時前に帰ると家の灯りがついていた。沙織は帰っているようだ。俺は家に帰ると風呂に入り、夕食を食べながら今日の行動を沙織から聞いた。

感想

感想はありません。

「慎一郎」の官能小説

人妻の新着官能小説

利用規約 - サイトマップ - 運営団体 - PC版へ
© TagajoTown 管理人のメールアドレス