官能小説!(スマートフォン版)

トップページ >> 体験談 >> 奈緒子17

奈緒子17

[80] 直樹 2019-06-16投稿
直くん実はね。奈緒子の友達の陽菜覚えてる?と言ってきた。俺は、陽菜ちゃん?覚えてるよ。どうかしたの?と。奈緒子は、陽菜、26歳のセフレと10月に別れてから落ち込んで。テストもあまりよくなかったのね。そしたら、奈緒子に、直くんに1度会わせて。と言われたの。体育祭の時、直くんと写真撮ったじゃない。ツーショット写真と、4人で撮った写真。陽菜が直くん気になり出したみたいで。直くんの写真見ながらオナしてるみたい。直くんと1度エッチしたいみたい。私は何も言えなかったわ。私と直くんが親戚ではない。ましてや、エッチしてるなんで陽菜には言えなかったわ。私、直くん が陽菜とエッチなんて考えられないし正直嫌だわ。直くんは奈緒子のモノだから。でも陽菜の気持ち考えると友達として。ってのがある。それに陽菜には借りがあるの。私が高校2年のとき、ちょっとイジメにあったとき陽菜が私を助けてくれたの。だから陽菜には感謝してもしきれない借りがあるの。私も凄く悩んだわ。でも今回1度エッチしたら陽菜の気持ちも吹っ切れるかなと。直くんどう思う?私もわからない。と言われた。俺は奈緒子の気持ち痛い程わかるよ。奈緒子にそんな経験あったなんて知らなかった。助けてくれたのが陽菜ちゃんかぁ。奈緒子の本音を聞きたい。と俺は言った。奈緒子は、本音は陽菜と直くんのエッチなんて考えたくない。絶対嫌。でも今回だけはってあるのも正直あるわ。と奈緒子は言った。俺、奈緒子の気持ちは充分わかったよ。奈緒子に確認したい。もし、俺が陽菜ちゃんとセックスしたら我慢できるか?と聞いた。勿論今回1度きり。奈緒子の借りを返せるなら俺は協力してもいいよ。勿論陽菜ちゃんに愛情はないし、俺は奈緒子が、好きだから。愛してるよ。と言った。奈緒子は電話越しに泣きながら、直くんありがとう。直くんの気持ちわかった。奈緒子1度だけなら我慢する。我慢できるわ。奈緒子も直くん大好きだし愛してるから。と言った。俺は、奈緒子充分だよ。 陽菜ちゃんにはいつでも会っていいと伝えて。でも陽菜ちゃんには俺の連絡先は教えない事。奈緒子通じて連絡させた方が、お互いのためだし。と言った。奈緒子は、うん、わかったわ。私が陽菜と直くんと連絡取り合っていくわ。直くん無理言ってありがとね。と言って奈緒子は少しは元気を取り戻したようであった。

感想

感想はありません。

「直樹」の官能小説

体験談の新着官能小説

利用規約 - サイトマップ - 運営団体 - PC版へ
© TagajoTown 管理人のメールアドレス